ランサーズのタスク方式とは~そして稼ぐための単純なコツ

速水です。

これ、混乱する人も多いんじゃないかと思います。

ランサーズの「タスク」ですね。

なぜかというと「タスク」という言葉が、2種類の使われ方がされているからです。

「タスク」という言葉の2種類の使われかた

一つ目は、仕事のジャンルの中に「タスク」というのがあります。

ランサーズの仕事のジャンルというのは8つにわけられています。

ジャンルについてはこちらの記事で簡単にまとめてありますが・・・

ランサーズで稼ぐ?~初心者が仕事を得るための注意点

・システム開発運用
・WEB制作デザイン
・デザイン制作
・ライティング、ネーミング
・タスク、作業
・マルチメディア
・翻訳通訳
・その他

この8ジャンルです。この中の一つに「タスク」がありますね。

でも「タスク」と呼ばれる言葉が使われているのはここだけじゃないんです。

お仕事の依頼方式として「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の3つの方式があるんです。

だから混乱するわけですね。^^;

でも察するところ、意味するものは同じと考えて良さそうです。

結局タスクって何なのさ

つまりタスクとは、「事前の相談が必要ないような単純な仕事で、多くの人にやってもらいたいもの」ということになりそうです。

そのような仕事のうち代表的なものがジャンルの「タスク」の中にまとめられているのでしょう。

でもそれ以外のジャンルに当てはまる仕事でも、「タスク」的なものはあるでしょうから、その場合はタスク方式で依頼を出す、ということなのでしょう。

ちなみに、ランサーズによれば、タスクに適するお仕事として以下の様なものが挙げられています。

・データ関連(閲覧、チェック、収集、整理、入力)
・テープ起こし、文字起こし
・レビュー、口コミ、
・モニター、アンケート

なので、タスクの仕事をしたいという場合は、この4種類のうちどれかをする確率が高くなります。

さて次に、タスクで稼ぐための単純なコツですね。

タスクで稼ぐための単純なコツ

タスクで稼ぐことのメリットは「手っ取り早い」という点にあります。

なのでその手っ取り早さを活かして、時給換算した場合の報酬を高めていきます。

どうするのかといいますと・・・

とりあえずは、その日に表示されているタスク案件に目を通してみます。できればそれを何日か続けます。

そうすることで「相場」がだいたいつかめてきますよね?

「この仕事でこの報酬はちょっとやすいよね」
「あ、この仕事おいしいんじゃないかな」

というのが、自分でだいたい判断できるようになります。

そうなったら次は、仕事を受ける段階に入ります。

ただこの段階では、とにかくいろいろな発注者の仕事を受けるようにします。最初は同じ人ばかりから受けるのではなく、なるべくいろいろな人から受ける

そうするとわかるんです

何が?

どの人が「金払い」が良いかが。(笑

発注者にはいろいろな人がいますからね。あなたがやった仕事に対して、やたらと注文をつけてなかなか承認してくれない人もいるでしょうし、その反対もいるでしょう。

そうして、良さそうな人を見つけては、「お気に入り」に登録していきます。

そういう人をたくさん見つけることができれば、他の人に比べて圧倒的に効率よく稼ぐことができますよ。

ただ。

発注する側はさらに儲かっている

ここでまた例の話ですが。^^;

いつかは発注する側に回りましょう。

発注する人は、「自分ではやりたくない、美味しくない仕事」を人にやらせているわけですからね。

そうしてそれを大きな利益につなげているわけですから。

発注する側に回るために、いったいなにをすればいいのか?

それはもう、おわかりいただけていると思います。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ