努力の必要性がないとはどういう意味か?

速水です。

よく耳にするけど誤解されやすそうな言葉ですよね。

「成功するためには努力は必要ではない」

というのは。

何もしなくて成功できる?

その誤解というのはやっぱり、「何もしなくても成功できるのか!」と思ってしまうことではないでしょうか。

でもさすがに・・・それはないでしょうね。^^;

そもそも、「何もしない」ことが「成功」といえるのかという疑問もありますし。

やはり、成功するためには行動しなければならないでしょう。

最近はスピリチュアル系の人でさえ、「何も行動しなくても望みは全て実現しますよ」なんて言わないでしょう。

斎藤一人さんも「地球は行動の星」とおっしゃっていますし。

じゃあ、

「成功するためには努力は必要ではない」

という言葉は嘘なのか、ということになりますよね。

そこはもう、「行動」をどう捉えるかにかかっていると思います。

「行動=努力」ではない

たとえばですね、イチローさん。あの野球選手のイチローさんですね。

イチローさんは子供の頃、一日もかかさず、お正月だってバッティング練習をしていました、という話がありますよね。

それを聞いて、

「ああやっぱり、血のにじむような努力をしないと、あんな凄い選手にはなれないんだ」

と思ってしまいますよね。私のような一般人は。

でもイチローさんからすると「努力をしている」という感じではないんだそうです。単に野球に「熱中している」だけだと。

好きで、熱中してやってるんだから、それを努力というふうには、自分では思えないというわけですね。

それから、斎藤一人さんの本に書いてあったことですが、本田宗一郎さんは午前3時まで仕事をしていることがあったと。

しかも食事もせずに午前3時頃まで働くことがあったと。

これを聞いてまた私のような凡人は、

「うわ、成功者はやっぱり、とんでもない努力をしてるんだな」

なんて思ってしまいそうです。

でもこれも、当の本田宗一郎さんからしたら違うんですね。単に自分の仕事に熱中していて、気がついたら午前3時だったというだけの話。

食事も、取れないのではなくて、仕事に熱中しすぎて取るのを忘れてた、というだけのこと。

つまり、

「成功するためには努力は必要ではない」

というのはこういうことなんですね。

熱中して取り組めるかどうか

「努力はいらない」ということの真意

「努力」というのは客観的に判定できるものではなく、当の本人がどう思っているかによるわけです。

傍から見ると「すごい努力してるな」「あんな苦労よく耐えられるな」なんて思うことでも、熱中して物事に取り組んでいる人からすると「努力? なにそれ」という感じ。

やっていることが面白いから、ついつい時間を忘れて取り組んでしまう、ということですね。

つまり、「成功するためには努力は必要ではない」という言葉を、誤解がないように言い換えるなら、

成功するためには『自分は努力してる』なんて感じないほど熱中できることに取り組むこと

となりそうですね。^^

アフィリエイトに当てはめてみると?

以上のことをアフィリエイトに当てはめて考えてみますと・・・

寝食を忘れるほど熱中できるジャンルを自分のサイトで扱えば成功できる、ということになりそうですが・・・

そうはいっても稼ぎやすいジャンルと稼ぎにくいジャンルってありますからね。^^;

ただ、熱中できるジャンルであれば、強いサイトを作ることも苦ではないですし、強いサイトさえ持てれば、アフィリエイトは格段に楽になる、というのは事実です。

だから最初はとにかく熱中できるジャンルを選ぶというのは、選択肢の一つとして非常に有力だと思っています。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ