Kindle Unlimitedとは~現時点でおすすめか、気になるラインナップ、参加出版社は?

速水です。

アマゾンで「Kindle Unlimited」というサービスが始まりましたね。

どういうサービスかといいますと、月額980円で本が読み放題になるというサービスです。

アフィリエイターなら当然惹かれる…はず

なぜそんなサービスを当ブログで取り上げるのかというと・・・これ、アフィリエイターなら当然惹かれますよね?ということです。

雑誌や書籍はサイトを作るためのネタの宝庫ですし、雑誌の記事や広告を見れば、今何が注目されているかもわかりますから。

書籍をネタにしてアフィリサイトを作る

ということでこのKindle Unlimitedですが、アンリミテッドというだけあって「月に○冊まで」なんていう制限はありません。読みたければ何冊だって読めます。

ただ、自分が持っているKindle端末とかパソコン用のKindleアプリに登録できる本の数は10冊までとなっています。だから、11冊目に読みたい本が見つかったら、手持ちの10冊の内1冊を削除せねばなりません。

まあまた読みたくなったら登録しなおせばいいだけの話ですので特に困ることはないでしょう。

気になるのはそのラインナップですね。現在のところ和書だけで12万冊ということですので、この点はアンリミテッドではないですね。(笑

まあ12万冊でも十分多い気はしますけど、洋書はその10倍の120万冊もあるとのことですので、和書もこれから頑張って欲しいですね。

現時点での参加出版社

あと12万冊の内容ですけど、まずは現時点でKindle Unlimitedに本を提供している出版社を見てみましょう。それである程度内容が推測できる部分もあるでしょうから。

主な出版社としては、以下のようなところがあります。

・講談社
・小学館
・文藝春秋
・新潮社
・幻冬舎
・光文社
・東京創元社
・ダイヤモンド社
・東洋経済新報社
・PHP研究所
・インプレス
・主婦の友社
・学習研究社
・白泉社
・秋田書店
・祥伝社
・双葉社
・一迅社
・手塚プロダクション

総合的な大手出版社から、小説で有名なところ、ビジネス書で有名なところ、漫画で有名なところまでいろいろとあるようですね。^^

もちろん、これら以外にもあまり有名でない出版社も参加していますし、個人で出版して書籍を提供している人もいます。

ジャンル別書籍数

出版社を見ると、ある程度どんな本があるのか推測はできますが、もっと詳しく知るために、ジャンル別の本の数を見てみましょう。

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

以下、2016年8月8日現在のデータです。

文学・評論 (20086)
人文・思想 (13439)
社会・政治 (6160)
ノンフィクション (2340)
歴史・地理 (5002)
ビジネス・経済 (8171)
投資・金融・会社経営 (3339)
科学・テクノロジー (5566)
医学・薬学 (1393)
コンピュータ・IT (2814)
アート・建築・デザイン (5835)
趣味・実用 (7339)
スポーツ・アウトドア (3333)
資格・検定・就職 (415)
暮らし・健康・子育て (5467)
旅行ガイド・マップ (1996)
語学・辞事典・年鑑 (1846)
教育・学参・受験 (3172)
絵本・児童書 (2510)
コミック (32742)
ライトノベル (2644)
ボーイズラブ (4526)
ティーンズラブ (1358)
タレント写真集 (4427)
エンターテイメント (1893)
楽譜・スコア・音楽書 (413)
雑誌 (3946)
アダルト (18653)

ビジネス自体を勉強するための本も多数ありそうですし、サイト作りのネタにするための本にも事欠かないようですね。雑誌も意外に多いなという気がします。

ただまあやっぱり、一番多いのはマンガのようですね。^^それから、成人用の・・・この辺に惹かれる人も多いはずです。(笑

あと、ざっと見た感じでは「出たばかりでしかも売れまくっている本」というのは入っていないようですね。まあそれはそうでしょう。そういう本は普通に売ったほうが儲かりますから。

それはさておき。

高価な本を安く読める

個人的に驚いたのは、投資関連の出版社で「パンローリング」ってありますよね。で、良い本が多いんですけど、その多くが高いんです。1冊数千円とか。まあ情報教材に比べれば安いですけど。(笑

で、私も何冊かパンローリングの本を買っているんですよね。そんなにたくさんじゃないけど、でも数万円分にはなるでしょう。

それが月980円で読み放題ということですので・・・ちょっとショック・・・^^; でもまあ、これからは安く読めますので嬉しいところです。

ということでですね、Kindle Unlimitedは普通にいいんじゃないかと思っています。

まあ例によって、初月無料で試せますので試してみるといいんじゃないでしょうか。

ただ、上にも書きましたけど「今売れてる本を今すぐ読みたい!」という人には向かないかもしれませんね。

でも昔売れた本で内容の良い物も多数あるはずです。

「月額」の効用

それに、月額980円というのはいいんですよ? だって「月980円払うんだから」と思ったら「なるべく沢山読まなきゃ損だ!」ってなるでしょ?

そうすると、これまでよりもずっと本を読むようになります。本を読むスピードだって上がるでしょうし、知識もどんどん増えていくでしょう

書籍代は減る、読む本は増える、ということにもなるんじゃないでしょうか。

まあマンガとか成人用とか、そういうのばかりじゃ勉強にならないかもしれないけど。(笑

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ