Kindle(キンドル)とは~そのメリット・デメリット【実は目に優しい?】

速水です。

キンドルアンリミテッドが始まったということで、前回取り上げてみましたが・・・

Kindle Unlimitedとは~現時点でおすすめか、気になるラインナップ、参加出版社は?

そもそも「Kindleって何?」という人もいるのではないでしょうか。

Kindle(キンドル)とは

Kindleというのは簡単に言うと、アマゾンの電子書籍を読むためのツールです。

電子書籍というとなにか特別なもののように思うかもしれませんけど、中身は普通の書籍です。市販されている本を、ダウンロードして読めるような形にしたもの。

それをアマゾンではKindle本と呼んでいるわけです。

で、それを読むためのツールがKindleですね。

ここでまたツールなんて聞くと、特別なものを思い浮かべるかもしれませんが・・・

いや、もちろん特別なものもあります。Kindle専用の端末ですね。でもパソコンやスマホ、タブレットにインストールして使うことのできるアプリ版のKindleもあります

アプリ版の方は無料ですが、Kindle端末はもちろん有料です。^^

Kindle端末というのは、見た目はタブレットみたいなやつですね。そのせいで、ごっちゃになってしまう人もいます。

何とごっちゃになってしまうのかというと・・・アマゾンはKindle以外にも、アマゾンでしか買えない「Fire」というタブレットを販売しています。

Fireでももちろんキンドル本を読むことはできますけど、これだと普通のタブレットにキンドルアプリをインストールして使うのと同じですね。

まあFireの場合、後で紹介する「オマケ」の部分が一般のタブレットとは違うのですが・・・それはそちらに譲るとして。

一旦まとめておきましょう。

Kindleとは・・・

アマゾンの電子書籍を読むためのツール。
パソコンやスマホにインストールして使える無料のアプリと、有料のKindle専用端末がある。

ということで次に、Kindleのメリット・デメリットを見ていくことにしましょう。

かさばらない、重くない

まず、メリットの方は明白です。

・大量の書籍を簡単に持ち運べる
・ネットにさえつなげられればいつでもどこでも書籍を即購入できる

この二つですね。

紙の本を何十冊も何百冊も持ち歩こうとすると大変ですし、読みたい本をすぐに取り出して読むということも難しいでしょう。

ところがKindleならこれができてしまいます。

さらに、月額980円のキンドルアンリミテッドを利用すれば、現時点でも12万冊の本が読み放題になりますので、実質的に12万冊の本を持ち歩けるということになります。

紙の本だともう、物理的に無理ですね。^^;押しつぶされちゃいます。持ち歩くどころか、家に置くことも無理ですよね。

あと、オマケのようなメリットですが、アマゾンプライム会員でかつKindle専用端末かFireタブレットを持っている場合は、月に1冊、書籍が無料になります。

まあどの本でも選べるというわけではないので、あくまで「オマケ」程度ですけど。^^

以上がKindleのメリットですね。

では次にデメリットです。

意外に目に優しい。ただし…

Kindleのデメリットとしてまず思い浮かぶのは、

「目が疲れやすいんじゃないの?」

ということですよね。

はい。疲れやすいですね。パソコンやスマホ、タブレット、FireでKindleを利用すると目が疲れやすいです。

これは液晶表示でしかもバックライト方式なので、目に向かって光を発射していることになりますから当然ですよね。

だから以上のような端末でKindle本を読む場合は、画面を暗くしたり、ブルーライトを絞ったりという工夫が必要になります。

ただし。

Kindle専用端末ですと、画面表示に電子ペーパー、またの名をE-Inkディスプレイが用いられていますので、バックライト方式の液晶に比べますと、格段に「目に優しい」ものとなっています。

電子ペーパーというくらいですので、電気は使うんですが紙とそっくりな表示をしてくれるんですね。

そこに、Paperwhite以上の機種だと、後ろからではなく前から光を当てています。フロントライト方式です。

つまりこれ、紙の本を照明の下で読むのとほとんど変わらないということで、紙の本に比べて目が疲れやすいということはありません。

だから、Kindle専用端末に限って言えば「目が疲れやすい」というデメリットは解消されたということになります。

ちなみに、無印のKindleだとライトが内蔵されていません。つまり普通の本と全く同じで、暗いところでは読めません。^^;

勉強しづらい

もう一つのKindleのデメリットですが・・・こちらは永遠に解消されないかもしれません。

何かというと「ページをめくりにくい」ということですね。こればかりは、いくら画面の表示技術が進歩しても、紙の本には及ばないでしょう。

紙の本に比べると、1ページずつだってめくりにくいですし、何十ページも行ったり来たりとなると、非常に大変です。^^;

紙の本なら訳もないことなんですけどね。

ページがめくりやすく、思ったところをすぐ開けるというのは意外に重要です。これがやりにくいと、内容が頭に入りにくいんですよね。

あと当然ながら、Kindleだとページに自由に書き込みをするなんて無理です。これも紙の本に比べて決定的に劣るところ。

めくりにくいし自由に書き込みできないということで、紙の本に比べると「勉強に使いにくい」ということはいえるでしょう。

小説やマンガを、楽しみのために1ページ1ページ読んでいく、というのにはKindleは好適でしょうね。^^

ということで。

両方をうまく利用すべし

Kindleのメリット・デメリットを考えてみましたけど、紙の本とKindleの本、どちらか一方を利用すればいいというわけではありません。

場合によって両者を使い分ける、というのが賢い利用法だと思います。

たとえば、キンドルアンリミテッドで軽く読んでみて、「これは何度も読み返したいし書き込みもしたい」という本なら紙の本を買う、という方法ですね。

うまく利用していきたいと思っています。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ