「社畜」とは~哀れなのか?それとも思ったほど悪くないのか?

速水です。

「社畜」という言葉は個人的には使わないのですが、よく耳にする言葉ですし、キーワード(笑)として取り上げてみようと思います。

「社畜」は悪いイメージの言葉?

この「社畜」という言葉ですが、すでにウィキペディアにも定義らしきものが挙げられています。以下のとおりです。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

とまあ、多くの人が想像する通りの意味なのですが、「馬鹿にされる意味合い」というより、会社員のかたが自嘲気味に使うことが多いような気がします。

まあどちらにしても、良い意味では使われていないというのが大方の理解のようですね。

昔は同じことをしていても社畜とは呼ばれなかった

それで、同じように働いても、昔は「企業戦士」などと呼ばれ、プラスの意味合いが強かったのですが、今はそれが「社畜」と呼ばれてしまう。

バブルの時代にはこういう・・・

なんだかかっこいい感じのCMもあったわけです。「24時間戦えますか」と。(笑

今そんな働き方したら「ブラック企業で大変ですね」と言われてしまいます。^^;

同じように頑張ってるのにひどいじゃないか、と思う人も多いんじゃないでしょうか。

なぜそのようなことになっているのか?

なぜ昔と違うのか?

その理由は・・・やはり時代環境の違いということになるでしょう。

戦後長い間は、たとえ自分を犠牲にして会社のために働いたとしても、それが「報われる」ことが多かったんですね。

一度入社してしまえば、年功序列システムもありましたので、余計なことは考えず「会社のため」に働いていれば、勤続年数に応じて給料も上がっていきますし、異例のトラブルでもない限り定年まで安定した生活ができたわけです。

定年したらしたで退職金がもらえましたし、定年後は年金で悠々自適に暮らしていくことができたんですね。

つまり、会社が社員に報いてくれたというわけ。会社のために一生懸命働けば、その見返りとして「安心」が手に入ったんです。

何歳になったら結婚して、何歳で子供を産んで、それから家を買って・・・と、「普通の幸せ」を当然のこととして思い描くことができたんです。

そういう見返りがあったからこそ、たとえ「滅私奉公」でもそれは馬鹿にされるどころか勤勉だと言って褒められたんですね。

そしてその「尽くす」相手が大企業ともなると、もう生涯にわたる豊かな生活は(少なくとも物質面では)約束されました。

だからこそバブル期のCMのように、24時間会社のために働けるような人が讃えられたわけです。

報われたからこそ

ところが現在は・・・

限りなく奪われていく人たち

片方だけ残ってしまったんですね。^^;

会社のために己を殺して働け

とは言われる。暗に言われる。でもその一方で、会社は一生面倒を見てくれるわけではなく、いつクビになるかはわからない

毎年給料が上がるわけでもない。それどころか将来的にどんどん下がるかもしれない・・・

それでも今この収入源を失うわけには行かないので、会社からどんな理不尽な命令を受けても黙ってそれに従うしかない。

と、こんな状況ですので、社員として働いている人が自嘲的に「社畜」と語るのも無理はない、ということになります。

でも。

意外に余裕がある?

こんな状況で「大変だなぁ」という人もいますし、心身にダメージを負う人がいる一方で、意外に余裕がある人もいるんですよね。

社畜自慢」なんて言葉もあるくらいで、自分がどれだけ「ブラック」な環境で働いているか、ネタとして語ったりする人も多いです。

また、アフィリエイトを始めたとしても簡単に「挫折」する人が多いんですよね。

それもやっぱり、会社勤めで生活出来ていて、「何としてもこの状況を変えたい」というほどではない、つまり余裕がある。

だから意外に、「社畜」と目される人でも状況は悪くないのかもしれません。

特に今のご時世・・・「正社員」として、とりあえず仕事があるだけでも満足、という人も多いのでしょう。

ただ、それでもその「安定性」は昔とは比べるべくもありません

余裕があるうちに何とかすべき

いつ会社が潰れるか分かったものではありませんし、突然解雇ということも珍しいことではありません。

給料が減っていく、という事態はそれらよりもっと「よくあること」でしょう。

特にこれからは、海外からの働き手が増えていくかもしれませんし、AIが人間に取って代わるということも増えるかもしれません。

そうなると当然、給与の平均も下がっていくと考えられます。

だからやはり、「自分一人でも稼いでいける力」をなんとか身につけたいんです。

特にですね、今会社勤めをしていて、上記のごとくある程度余裕がある、そういう人はすぐにでも始めるべきでしょう。

余裕があるうちに

余裕がなくなってからだと、ほんとに大変ですからね。

余裕があるうちに取り掛かることをおすすめします。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ