「アドモール(AdMall)は詐欺だと聞いたのですが…」

速水です。

「アドモールは詐欺だと聞いたのですが…」

というメールをいただいたことが、これまでに2度ありました。

でも不思議なことに、

「どこでそうお聞きになったのですか?」

と聞いてみると、その後なにも応答がないんです。2度とも

不思議ですよね。^^;

本当に詐欺かどうか気になっているのなら

「いやこういう人がこのように言っていて・・・」

ということを説明してくれると思うのですが、それが一切ないんですね。なぜか応答なし。

この「アドモールは詐欺なのでは」メールが何を意図しているのか、推測するところはあるのですが・・・まあそれはどうでもいいことでしょう。大事なのはアドモールが詐欺かどうかですね。

アドモールの個人的体験

私としてはもう2年半程度、アドモールを利用していますけど、「騙された!」と思ったことはありません

つまり個人的体験から判断するなら、「アドモールは詐欺ではない」と結論せざるを得ません。

もちろん、将来どうなるかはわかりませんが、それはどんな組織であれそうでしょう。例外はありません。

アドモールについては以前にも取り上げていますが・・・

アドモールの評判

その頃の印象は、「商品数は少ないけど良い物が多い」というものでした。

現在も、基本的にその印象は変わっていません。

品揃えという点では、インフォトップのほうが圧倒的に上です。また、ジャンルごとに整理されていたりランキングがあったりしてインフォトップのほうが利用しやすいのも確かです。

それに対してアドモールは商品数が少なくて・・・地味(笑)、そして商品が少ないのに探しにくい、という印象。

アドモールにメリットはない?

じゃあアドモールにメリットはないのかというとそうではなく、「商品が少ない分、良い商品の割合が高い」という印象です。

「良い商品のみを扱うようにしよう」としている結果、なかなか品揃えが豊富にならない、ということなのかもしれません。

あと、「地味」と言いましたが、よく言えば「無駄をそぎ落としている」とも言えます。まあその、アドモールのサイトは軽くてストレスが少ないです。^^

以上のようなメリットが認識されてきて、以前取り上げた頃にはなかったことですけど、すでにインフォトップで「売れている」にも関わらずアドモールにも出品、という教材も見かけるようになりました。

例えば「下克上」がそうですね。

ということで、アドモールも以前記事にした時と比べると着実に伸びてきているのではないかと思います。

そうそう、一つ言い忘れていました。^^;

インフォトップにはない仕組み

アドモールにあってインフォトップにないメリットとして「アフィリエイターをアフィリエイトする機能」があります。

たとえばですね。

アフィリエイターAさんが、すごい特典をつけて「パワーブログアフィリエイト」という教材を紹介していたとしましょう。

あなたはそれを見て、「うわこの特典すごい、ゼッタイ売れる」と思いました。

そこであなたは自分のブログで「Aさんがこんなすごい特典をつけて、パワーブログアフィリエイトをレビューしていますよ」なんて紹介しました。

その結果、あなたの記事を見た人がAさんからパワーブログアフィリエイトを買いました。

という場合。

Aさんが受け取るアフィリエイト報酬の何割かを、あなたが受け取ることができます。あなたの分け前を何割にするかはAさんが決めることですけど。

たとえば、パワーブログアフィリエイトのアフィリエイト報酬が5000円で、Aさんが「5割を紹介者に渡す」と決めていた場合、あなたの取り分は2500円ということになりますね。^^

この機能の何がいいかというと、まず、自分で特典を作るのが苦手、という人は助かりますよね。既に魅力的な特典を用意している人を紹介すればいいわけですから。

「特典を自分で作ることはできるけど、Aさんのこれにはかなわないな…」という場合も、利用してもいいかもしれません。

あとは、特典は後日作るけど、今とにかく急いで紹介しておきたい、という場合とか。

アドモール独自の「アフィリエイターをアフィリエイトする機能」は、いろいろと便利に活用できると思いますよ。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ