【最新SEO】「検索エンジン対策」「サーチエンジン最適化」と言ってきた人には新しいこと。でも…

速水です。

実は「あなた」にとっては常識だった、という話です。

逆に、

「検索エンジン対策で上位表示」
「アフィリエイトで稼ぐためには検索エンジン最適化が必要」
「SEO! SEO!」

と言ってきた人には、最近の考え方は「新しい」しかも「特異」なものに見えるかもしれません。

「機械」しか見てなかった時代

どういうことかといいますと、「検索エンジン対策」「検索エンジン攻略」と言っている時点で、「機械」つまり検索エンジンのプログラムの方にしか目が行かなくなってしまいがちだからです。

そして、「訪問者」の視点には立てなくなってしまうということですね。

ところが現在のSEOは、「訪問者の役に立つサイトを作りましょう」ということがよく言われます。

昔から、SEOを意識していることにとって、これは「新しい」考え方なのですが、一般の人にとっては「当たり前」のことですよね。

それは昔のSEOが検索エンジンしか意識していなかったからなのですが、それがどれくらいひどかったのかというと・・・

上位表示できればそれでいい

まあ私もそうだったので他人事ではないのですが、

とにかく狙ったキーワードで上位表示さえできればいい

と考えていたので、基本的にサイトなんて「文字が詰まっていればそれでいい」と思っていたわけですね。

だから、読みにくいし、面白くもないし、役にも立たない文章をサイトに詰め込んでいました。

で、その文章で気にすることは何かというと、役に立つかとか面白いかではなくて「キーワード出現率」なんですね。^^;

狙った検索キーワードが、その記事の中に何%含まれているのか?ということです。

「5%くらいがいいんじゃないの?」
「いや、定率ではなくて上位表示されているサイトから計算して…」

なんて。(笑

くだらないでしょ?

サイト訪問者からすればどうでもいいことですよね。キーワード出現率が5%だろうが10%だろうが。大事なのは記事内容が自分の役に立つかどうかであって。

でも昔のアフィリエイター、中でもSEOに凝り固まっていたアフィリエイターはそういうことは考えないんです。

「7%まで上げれば上位表示できるんじゃないかなぁ」とか、面白くないことを考えていたわけですね。

それで、記事内容なんて日本語で読めればいいというくらいのものだから、安く外注したり、もっとひどい場合はツールを使ってランダムに組み合わせてみたり。

さらにひどい場合は、ネット上からテキトウに集めてきた文章のパーツをテキトウにつなぎ合わせて、意味不明の文章を作ってしまうというのもありました。

これは、「SEO専門家」と言っている人に見せてもらいましたし、実際それで上位表示できていました。

そして。

苦痛+不安のSEO

もっと大きな比重を占めていたのが「外的SEO」ですね。その中心となるのが「自演による被リンク」です。

「サイトの内容はどうでもいいから、検索結果で上位表示させればいい」

と考えていたわけですよね。

だから、サイト内容よりも、「どうやって有効なリンクを、自分のサイトに多く送るか」ということばかり考え、それにエネルギーを注いでいました。

「このキーワードだと何本リンクを送れば…」
「ページランクいくつのサイトから送れば…」
「IP分散はどれくらいしようかな」
「アンカーテキストも分散させなきゃ」
「リンクを送るタイミングも分散させなきゃ」
「そのためにサテライトサイトを量産しないと…」

という具合です。^^;

そんなことばかり考えていたんです。楽しくないでしょ? その上、検索エンジンのアルゴリズムが変わるたびに、サイトが検索結果から消えたりするんですよ?

ほんとこれ、苦痛でしたよ。苦痛の上に不安だらけですよね。

でもそういう楽しくないことを黙々とやれた人が勝ち残れる時代もあったわけです。

ところが。

サイト作りに「やり甲斐」が生まれた

検索エンジンが進歩することによって、以上のような考え方がだんだん通用しなくなってきました。

そして、「新しい」SEOの考え方として、「訪問者の立場に立てコンテンツを作っていきましょう」ということが言われるようになりました。

上述したような、「機械=検索エンジン」にしか視線を向けてこなかった人からすると「新しい」考え方なのですが・・・

でも、一般の人からすると「ごく普通」の考え方ですよね。

つまりあなたはすでに、「最新のSEO」を知っていると言ってもいいわけです。

だから。

「最新のSEOを教えます」

なんて売り込みがあっても、

「あ、私それ知っています」

って(笑

答えていいのかもしれませんね。

皮肉なことに、「最先端のSEO」を追いかけていたらいつの間にか最後尾についていた、という状態です。

でも、そのお陰で昔のような、無味乾燥したつまらないSEOをやらなくてもよくなりました。

それにかわって、「どういうサイトにすれば役立つだろう」「どんな記事が面白いだろう」ということを考えていればいいということになりました。

昔はなかった「やり甲斐」が、サイト作りに加わったわけです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ