【徒労?】SEOに強いペラサイトってあり得るのか

速水です。

ペラサイトというのは1ページかそれに近いようなページ数の、要するに極小規模のサイトのことですね。

ペラサイトの作り方と量産の仕方

このペラサイトで稼いでいる人も多いようですが、そう聞くと、

「SEOに強いペラサイトの作り方ってあるのかな・・・」

なんて、思うかもしれません。

せいぜい「ペラサイトの中では強い」程度

もちろん「ペラサイトの中では比較的強い」ものはできるでしょう。でもすべてのサイトとくらべて「SEOに強い」ペラサイトは作れません。

作れるのなら是非教えていただきたいです。^^;

ペラサイトで稼いでいるという人も、そのペラサイトが稼げるとわかったら文字数や記事数を増やして「強化」するのが普通です。

まあライバルが弱くてほったらかしても大丈夫と確信できる場合は別ですし、どっちにしても短期間しか稼げない案件ならこれまた別ですが・・・

そうでないなら強化するでしょう。つまり「ペラサイト」のままで放置はしないということです。

ということでここでは「ペラサイトの中では比較的強い」ものを作るにはどうすればよいのか、という話になります。

キーワード選定もいいけど…

まず、費用がかからなくて最も実行しやすいのは「ライバルが少なくてそこそこ成約があるキーワードを選ぶこと」ですね。いわゆる「ずらしキーワード」というやつです。

ただ、キーワード選びがSEOかというとそうでもない気もしますが。^^; まあ広い意味でのSEOということにしておきましょう。

そういう「ずらしキーワード」でアクセスを呼んで成約が取れるなら、ペラサイトのまま放置でも稼ぎ続けることができるかもしれません。

でもこれ、ペラサイトでやる必然性がないんですよね。大きなサイトの個別ページでやればいいんじゃないかという話になってしまいます。

そのほうがサイトが育っていきますし、サイトが育てば個別ページもSEO的に強くなるわけですから。

大量コンテンツ型ペラサイト!?

じゃああくまで「ペラサイトのまま」で強くできないかと考えると、そのペラサイトの文字数を多くする、ということが考えられます。

1ページしかないペラサイトだけど、そのページに2万文字書いてあるとか。(笑

でもこれじゃあペラサイトを作る意味がなさそうですね。ペラサイトを作ろうという人は、なるべく簡略にサイトを作りたいと思っているわけですから。

伝統的ブラックハット

あとは、ペラサイトを作っておいて大量のバックリンクを当てる、ということも考えられますけど、これも「簡略化」という方針に反します。

それだけでなくバリバリの「ブラックハットSEO」ですので・・・1ページのペラサイトに大量のバックリンクを送ったりしたら、あっというまにGoogleさんに「撃墜」されるでしょう。

となると・・・SEOに強いペラサイトを作るためにはもう、ドメインにこだわるしかないということになりそうです。

有利なドメインの利用

日本語ドメインか中古ドメインということになりますね。

2つのうちでより費用が抑えられるのは日本語ドメインの方です。

日本語ドメインであれば・・・狙ったキーワードと同じものを取得するだけで済みますから。

ところが中古ドメインだと当たり外れがあります。なので一つのキーワードで複数の中古ドメインを買わなければならないことになります。

例えばあるキーワードを狙ったとして、そのキーワードで10個ペラサイトを作るために、10個の中古ドメインを取得します。

そして1個でも当たって上位表示できればめでたしめでたし、というわけですね。

でもこれも・・・なんだかペラサイトを作る理由から遠ざかっていますよね。何度も言うようですが、ペラサイトを作る人は作業を「簡略化」したいんです。

それなのに10個も中古ドメインを買って、同じキーワードで10個もサイトを作るなんて。^^;

ということでペラサイトで使うなら日本語ドメインの方が良い、ということになりそうですね。

「お金をかけたくない!」場合

じゃあ、「ドメインにもサーバーにもまったくお金をかけたくない!」というわがまま(笑)な人はどうすればいいのでしょうか?

この場合、無料ブログを使うか、忍者などの無料のレンタルサーバーを使うことになります。

特に無料ブログはインデックスも早くていいですね。

私も昔、こういうものを利用してとんでもない数のペラサイトを作ったのですけど、最近はそういう方法に対する取り締まりも厳しくなっているようです。

「試し打ち」とばかりに内容のないペラサイトを量産していると、「サイト削除」「アカウント停止」なんてことも十分ありえますので注意が必要ですね。

イメージほど楽じゃない

以上、SEOに強いペラサイトを作るにはどうしたらいいのか考えてきましたけど・・・

こう思いませんでしたか?

ペラサイト量産より、その労力を少数のサイトに集中したほうがいいのでは…

私もそう思っています。

もちろん、どんな方法があるかは人それぞれですので、ペラサイトのほうがやりやすいという場合はそちらをやっていけばいいと思います。

ただ個人的には、昔さんざんそういうサイトを作って、大きな徒労感を味わっていますので、「二度とやりたくないな」というのが正直なところです。

少数のサイトに集中して、それを育てていくほうが安定感がありますし、やりがいも感じられます。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ