【誤解してません?】トレンドアフィリエイト=芸能人ネタブログ→アドセンスだけ、なーんて思ってると稼げない

速水です。

トレンドアフィリエイトは、今やアフィリエイト初心者の方の定番となっている感じです。

それを象徴するのが「下克上」という教材です。

下克上∞レビュー

2つの誤解

でもその一方で、

「トレンドアフィリエイトなんて稼げないよ」

という人もいるんです。

これはどういうことなのかと。

これには2つの大きな原因が考えられます。以下の2つです。

「トレンドアフィリエイト=芸能人ネタを扱う」と思っている
「トレンドアフィリのキャッシュポイント=アドセンス」と思っている

この二つです。

ではそれぞれ見ていきましょう。

トレンドアフィリ=芸能人ネタ?

トレンドアフィリエイトというと、その言葉のイメージも手伝ってか、

「芸能人ネタを扱わなければならない!」

と思いこんでいる人が結構います。

それで、

「芸能人なんて興味ないので、トレンド記事を書くのが苦痛でたまりません…」

なんてメールをいただくこともあります。

「トレンドアフィリエイトは芸能人ネタを扱わなければならない」

というは誤解なんですけど、なぜこんな誤解が生じたのかということですよね。

それは、トレンドアフィリを勧める人が(私も含めてですが^^;)「例」として芸能人ネタをよく使うからです。

トレンドアフィリについて説明する時、芸能人ネタを例に取ると、すごく説明しやすいんですよね。

「一時的に多くの人の興味が集中する話題」

ということで。

その「一例」として、わかりやすいんですよね、芸能人ネタ。

でも、

「一時的に多くの人の興味が集中する話題」

であれば別に、芸能人ネタでなくとも「トレンドネタ」であることにかわりありません。

何にでもトレンドはある

なので、芸能ネタ以外でも、どんなジャンルでも「トレンドネタ」はあるはずなんです。

だから、トレンドアフィリエイトをやるといっても、芸能ネタに興味がない人が、苦痛を我慢しつつ芸能ネタを扱う必要はないんですよね。

自分が興味があるジャンルで、その時々に注目されていること、そういうものを扱えばいいということになります。

たとえば私の好きなジャンルで言えば・・・ゲーム。

これだってトレンドネタってあります。ちょっと前に、「ポケモンGO」が以上に注目されたことがありましたよね。

あれ程大きなものでなくとも、「新しいゲーム」というのは頻繁にリリースされます。

また、昔からあるゲームでも、「新パッチ」とか「イベント」とかで新しい話題を提供してくれます。

そのたびにありがたく「トレンドネタ」として使わせてもらうことができます。

ゲームジャンルに特化したアフィリエイト

そもそも。

トレンドアフィリは昔からある

トレンドアフィリというのは新しいものではありません。昔からあるものなんです。

どういうことかというと、

  • 一時的だけど膨大なアクセスを呼べるキーワード
  • 多くはないけど安定的なアクセスを呼べるキーワード

この両方に注目するというのは、アフィリエイターとしては基本的な思考なんです。

だから「トレンドアフィリ」と聞いただけで、

「うわ、芸能ネタかよ」

とか、誤解した上で毛嫌いしないでほしいです。^^;

では次。

キャッシュポイントはアドセンスだけ?

トレンドアフィリエイトというと、キャッシュポイント、つまり収入を生み出す仕組みが「アドセンス」しかないと思っている人もけっこういます。

これもまた、誤解です。甚だしい誤解です。^^;

ただこれも、誤解される理由があります。

アドセンスって、ただ貼り付けておけば、クリックされるだけで報酬が発生しますよね。

だから、初心者の方に勧めやすいんです。

「どんな商品が売れやすいんだろう」
「このキーワードの成約率は・・・」
「このキーワードを検索した人の意図は・・・」

なんて考えなくていいですからね。

ブログに貼って、アクセスを集める。それだけ。

だから初心者の人にお勧めしやすい。

そしてそういう「初心者向け」の説明のみを聞いた人が、

「トレンドアフィリはアドセンスで稼ぐものなんだ」

と思ってしまうわけです。

アクセス勝負はつらい

でも、広告がアドセンスだけだと、つらいことになりやすいです。

なぜかというと、「アクセス数」勝負だから。

アドセンス1クリックの報酬はそれほど多くありませんから、満足いく収入を得ようと思えば、大量のアクセスを集めなければなりません

でもそれって大変なことですよね。

だから、ちょっとトレンドアフィリをやってみて、少ししか報酬が発生しなくて、

「トレンドアフィリ、稼げないじゃん・・・」

となってしまう人がいるんです。

でもそれは誤解。

アドセンス以外のアフィリエイト案件にまで視野を広げれば、もっと稼ぎやすい広告が見つかります。

そうすると「アクセス勝負」というつらい場所から離脱することができます。

もちろんアドセンスは便利ですので、いろいろな場面で利用していくといいのですけど、それ以外の広告にも注目してみましょということです。

たとえば、現在注目されているあるネタで記事を書きました。

それで、そこそこアクセスは集まったけど、アドセンス報酬が大量に発生するほどではなかったと。

視野を広げてみる

そこでアドセンスではなく、

「このキーワードでアクセスしてくる人は何に興味を持つだろう・・・」

と考えて、報酬の高いアフィリエイト広告を選んで貼り付けました。

そうしたところ、アドセンスよりもずっと多い収益が発生しました・・・

ということも起こるんです。

この話をもっと極端にするとどうなるか。

1日1アクセスしかないようなキーワードだけど・・・
10アクセスに1回は成約する・・・
そしてその広告の報酬は5000円・・・

というキーワード&アフィリエイト案件を見つけることができれば、もうこれだけで月1万5千円確保できますよね。

1日1アクセスではもはやトレンドとはいえませんが(笑)、それでも意外に多くの報酬が発生することがあるんです。

こういうことを知れば、

「とにかくアクセスを増やさなきゃ」

という強迫観念から脱することができます。

結局のところ。

トレンドアフィリだって、

色々なジャンルでできますし
トレンドネタだけでなく定番ネタも扱いますし
キャッシュポイントもいろいろある・・・

つまり「普通の」アフィリエイトなんだということを知れば、もっ楽しく実践していけるんじゃないかな、ということです。

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ