【複雑すぎ】アムウェイの報酬の仕組みをなんとか解説してみよう

速水です。

アフィリエイトだと、報酬の計算なんて超単純なんです。

「1件◯◯円」とか「購入金額の◯%」とか、ほんと単純。

ところがアムウェイの報酬の仕組みを調べてみて・・・その複雑さにびっくりしました。

これほど複雑にしては、それを理解することだけで、かなりのエネルギーを取られてしまいます

しかもそれ、「ビジネスの仕組み」ではなく単にアムウェイが決めた「報酬の仕組み」ですからね。

個人的には、こういうところはもっとわかりやすくすべきだと思いますが・・・

まあなんとか、説明してみましょう。^^;

なぜか「PV」という単位に変換する

まず、わかりにくくなる原因その1ですが、「売上金額」をわざわざ「PV」という数字に変換させることですね。要するに「ポイント」に変換させる。

その比率は、

1PV=1.35円

だそうで、これまた半端な変換率です。^^; これで一つややこしくなりますね。

さらに「BV」という数字で計算させる

さらに、報酬の計算をする時は「BV」という数字に変換します。

BVの比率は、

1PV=1.3BV

となっているようです。

もうここまで聞いて、

「そんな、2度も変換させるなんて、必要ないでしょ?」

って、思ってしまいますよね。わざと報酬の計算をわかりにくくしているのではないかと、勘繰りたくなるくらいです。

報酬率と報酬の計算

じゃあ、売上の何%が報酬になるかということですが、これはPVによって割合が変わります。

  • 3万PV未満・・・0%
  • 3万~・・・3%
  • 9万~・・・6%
  • 18万~・・・9%
  • 36万~・・・12%
  • 60万~・・・15%
  • 100万~・・・18%
  • 150万~・・・21%

たとえば。

自分が13万5千円ほど、アムウェイの商品を誰かに売った場合、13万5千円=10万PVなので、報酬率は6%となります。

その場合の報酬は、

10万PV×1.3BV×6%=7800円

となります。ここもわかりにくいですよね。PVに掛け算をして報酬を計算しているのに、最後の単位はまた「円」になってしまうんです。

13万5千円=10万PV

だから、

13万5千円×1.3BV×6%=10530円

と計算しても良さそうなものですが、そうはならないんです。

結局、何度も割合計算をさせている

わざわざ最初に、円をPVという数字にして、それから報酬を計算することで、報酬率がさらに下がっているということになりそうです。

「1PV=1.35円」だから、だいたい、「0.74PV=1円」ですね。

ということは結局、こうなってるんです。

13万5千円×0.74×1.3×6%=約7800円

じゃあもう、割合計算の部分を、アフィリエイトのように最初から「報酬率」にしてしまえばよさそうなものですよね。

つまり、

13万5千円×0.74×1.3×6%
=13万5千円×(0.74×1.3×6%)
=13万5千円×5.77%

つまり、売上金額に対する報酬率5.77%ということになります。

これを元に計算すると、

  • 3万PV未満・・・0%
  • 3万~・・・3%
  • 9万~・・・6%
  • 18万~・・・9%
  • 36万~・・・12%
  • 60万~・・・15%
  • 100万~・・・18%
  • 150万~・・・21%

この報酬率の表は、以下のように書き換えることができます

  • 40500円未満~0%
  • 40500円~2.88%
  • 121500円~5.77%
  • 243000円~8.66%
  • 486000円~11.54%
  • 81万円~14.43%
  • 135万円~17.32%
  • 202万5千円~20.2%

途中の、PVとかBVとかの計算を報酬率に組み込んでやれば、単に売上金額に報酬率をかけるだけの、単純な計算となります。

それなのになぜわざわざ、複雑にしてしまうのか、甚だ疑問です。

ダウンの売り上げは報酬にどう関係する?

ここであなたはこう思ったかもしれません。

「ダウンさんの売上は、自分の報酬にどう計算されるの?」

ネットワークビジネスの「旨味」というのは、ダウンさんの稼ぎが自分の報酬を増やしてくれるところにありますよね。

じゃあ、アムウェイの場合はどう計算されるのかと。

あ、ちなみに「ダウン」というのは例えば、既にアムウェイ会員であったAさんがBさんを勧誘して会員にした場合、BさんはAさんの「ダウン」ということになります。

で、そのダウンさんの売上、ここでいえばBさんの売上はAさんの報酬にどう反映されるのかと。

これは基本的には、上記の「報酬率」の計算に用いられます

ダウンさんが一人と仮定して計算してみよう

つまり、Aさんの下にBさん一人だけがいるグループで考えてみます。

Aさんの報酬を計算する場合、AさんとダウンのBさんの売上を合計して、報酬率を計算します。

たとえばAさんが50万PV、Bさんが10万PV分の売上を達成したとしたら、Aさんの報酬率は、

50万PV+10万PV=60万PV→15%

ということになります。

でも、Aさんの報酬は、

60万PV×1.3BV×15%=11万7千円

とはなりません

Aさんが貰える報酬は、直下のBさんが貰える報酬の金額を、11万7千円から差し引いた金額となります。

Bさんの売上は10万PVで、ダウンさんもいないので、その報酬は、

10万PV×1.3BV×6%=7800円

ですね。

だから、Aさんの報酬は

11万7千円-7800円=10万9200円

ということになります。

なぜこういうことをするのかというと、アムウェイから見ればこうしないと、Bさんの報酬7800円をAさんにも払うことになる、つまり二重払いになってしまうからです。

ダウンさんのほうがずっと稼いでいる場合は?

「じゃあダウンさんがいても得にはならないの?」

と思ってしまいそうなので、逆のパターンを考えてみましょう。

Aさんの売り上げが10万PV、ダウンのBさんが50万PVならAさんの報酬はどうなるか?

まず、Bさんの分を差し引かれる前のAさんの報酬ですが、

(10万PV+50万PV)×1.3BV×15%=11万7千円

ここは前の例と変わりませんね。^^;

じゃあ、Bさんの報酬は?

50万PV×1.3BV×12%=7万8千円

となると、Aさんの報酬は、

11万7千円-7万8千円=3万9千円

となります。

これ、Aさんにまったくダウンさんがいない場合は、Aさんの売り上げは10万PVだから

10万PV×1.3BV×0.06=7800円

となりますので、ダウンさんが稼いでくれることで、Aさんの報酬が飛躍的にアップしていることがわかりますね。

「ダウンさんの報酬分を差し引く」

と言われると、なんだかダウンさんがいてもいなくても変わらないんじゃないかと思ってしまいそうですが、やはり大きな違いは出るということです。

さらに、ダウンさんを増やすメリットはそれだけではありません。

プロデューサーボーナス

ダウンさんを増やして、自分のグループ全体の売上を上げることで「プロデューサーボーナス」が報酬に加算されます。

これは報酬が1.25倍になるものだそうです。

リーダーシップボーナス

また、自分が勧誘したダウンさんであっても、150万PVを達成すると自分のグループから「独立」してしまいますが、その場合は「リーダーシップボーナス」がもらえます。

つまり、Aさんが勧誘したBさんが150万PV達成でAさんから独立してしまったとすると・・・

これによって、Aさんはリーダーシップボーナスを受け取ることができるようになります。

リーダーシップボーナスの金額は、独立したBさんのグループの売り上げから、一定割合を受け取ることができます。

たとえば、独立したBさんのグループが200万PVを売り上げたとすると、

200万PV×1.3BV×4%=10万4千円

となります。つまりリーダーシップボーナスは4%で計算されるということですね。

だから、

「独立しちゃった、もうダウンさんから私への収入はないんだ、がっかり・・・」

とはならないわけですね。

無用に複雑にしている…気がする

以上。

アムウェイの報酬の仕組みを解説してみました。

が・・・

はっきり言って、複雑すぎますよね。^^;

報酬って、いちばん大事な部分ですから、もっとわかりやすい、単純なシステムにすべきだと思うのですが・・・

複雑でわかりにくいと、

「話が違う!」

と言う人も出てきそうですので。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ