検索キーワードへのSEO対策~ブラックハットとホワイトハットでこう違う

速水です。

「キーワードを決めて、そのキーワードにSEOをかけます」

アフィリエイトをやっていると、そういう言葉を聞くこともあるでしょう。

でも、初心者の頃の私はこれを聞いて、

「SEOをかけるってどうするの?」

と疑問に思ったものでした。

ということで今回は「SEOをかける」ことについて、説明していきたいと思います。

「SEOをかける」と言っても2種類ある

SEOをかけると言っても、とりあえず「ブラックハットSEO」と「ホワイトハットSEO」を分けておく必要がありますね。

そうしないと、知らずにブラックハットをしてしまうこともありますので。

ブラックハットSEO一覧とホワイトハットSEO

では先に、ブラックハットのSEOをかける方から。

ブラックハットSEO

まず、狙うキーワードを決めますよね。「アフィリエイト 入門」とでもしましょうか。

そうしたらこの、「アフィリエイト 入門」というキーワードを入れたタイトルで、サイトを立ち上げます。

内的SEO

それでその、「アフィリエイト 入門」がタイトルになったページに記事を入れるわけですけど、この記事の中に、ふさわしい割合で狙ったキーワードとそれに関連するキーワードを入れていきます

ふさわしい割合はどのようにして知るのかというと、狙ったキーワード「アフィリエイト 入門」で検索1位になっているページから割り出します。

そうして、ふさわしいキーワード出現率を守りつつ、1位のページよりも多くの文章をそのページに入れます。

もちろんそのページだけでなく、そのページをトップページとするサイトに、関連する記事をたくさん入れたほうがいいですね。

ここまでが内的SEO。

外的SEO

次に外的SEOですが、これはサテライトサイトを作って、先程作ったページにリンクを送ることになります。「自演リンク」というやつですね。

サテライトサイトからリンクを送るのですが、サイドバーやフッターから送るのではなく、ちゃんと記事を書いて、記事中からリンクを貼るようにします。

この場合、たくさんのサテライトサイトからリンクを送ることになるので、リンクタグのアンカーテキストはそれぞれ違うものにします

例えばあるサイトから、

<a href=”http://abcd.com/”>アフィリエイト入門</a>

というふうにリンクを送ったら、

別のサイトからは、

<a href=”http://abcd.com/”>アフィリエイト入門ならこちら</a>

とか、キーワードを入れつつも微妙にアンカーテキストを変えてリンクを張ります。

なぜそんなことをするのかというと、すべてのリンクが同じ言葉だと、いかにも不自然だからです。^^;

ブラックハットですからね。Googleさんの目を誤魔化そうとしているわけです。

さらにごまかすために、IPアドレスを分散させたり、リンクを貼るタイミングを分散させたり、サテライトサイトを2層3層と増やしたりします。

これをやる際に中古ドメインを使うことが多いのは、中古ドメインには最初からリンクがついているからです。

というか、リンクがついている中古ドメインを選んで使うことになります。

以上が「狙ったキーワードにブラックハットSEO」をかける方法です。

ホワイトハットSEO

次にホワイトハットSEOをかける方法ですね。

内的SEO

まず、キーワードの入ったタイトルを決めますが、これはなるべく、見た人の興味をひくようなタイトルにします。

次に記事内容ですが、これはもちろん、「その記事タイトルを見た人が何を知りたいのか、何を欲しているのか」考えて、それに応えるような記事内容にしていきます。

内容に気をつけるだけでなく、表現にも気をつけます。

つまり「わかりやすさ」「読みやすさ」に気を配るということです。

求められている内容をひたすら充実させる、しかもわかりやすく読みやすい表現に気を配る、これが「狙ったキーワードに対してホワイトハットSEOをかける」方法となります。

「タイトル以外にキーワードは気にしなくてもいいの?」と思うかもしれませんが・・・

内容を充実させようとすれば、いろいろとリサーチをせざるを得ませんが、その過程でたくさんの関連キーワードが自分の頭にインプットされることと思います。

そうした上でしっかりと記事を書いていけば、「キーワード出現率」など気にしなくとも、自然に関連キーワードは記事に含まれるようになる、ということです。

外的SEO

ここからさらに、ツイッターその他のソーシャルサイトを利用して、記事の拡散とナチュラルなリンクを狙うのも、ホワイトハットSEOに含めていいかもしれません。

「ホワイトハットだけ」は成り立つけど…

結局のところ。

一口に「SEOをかける」と言っても、ブラックハットでは機械に目が行っているのに対して、ホワイトハットでは常に人間に目が行っている、ということになりそうですね。

ただ、ブラックハットSEOをやる人の場合、「ブラックハットだけ」というのは最近は珍しい・・・というかそういう人はいないのではないでしょうか。

ホワイトハットの考え方も取り入れて、サイトコンテンツも充実させていくのが、ブラックハットSEOをやる人の、今時の常道だと思います。

それに対して「自分はホワイトハットSEOだけやる」と考えている人は、ブラックハットは一切取り入れないのが普通でしょう。

というか、当たり前ですか。^^;

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ