【使わにゃ損?】サーチコンソール「Fetch as Google」使い方~インデックス登録をリクエスト!だけじゃない

速水です。

Googleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の「Fetch as Google」です。

なのでまずはサーチコンソールにサイトを登録してなければ使えません。

Googleサーチコンソール(ウェブマスターツール)の使い方

それでこれ、ページをインデックスしてもらうというのが主な使用目的になるんですが、そもそも「インデックスって何?」という人はこちらをどうぞ。

インデックス数とは?キャッシュとの違いは?

サイトが育てばほとんど使わなくなる

以前「なるべく使わないのが理想」と書きましたが、それは、サイトが育てばインデックスも早くなるからです。

つまり、理想は「サイトを育ててFetch as Googleを使わずともすぐにインデックスしてもらえるようにすること」です。

使うべきタイミング

ここから逆に、Fetch as Googleを使うべきタイミングもわかります。

まずは新しくサイトを作ったときですね。

あの、無料ブログとかならまだいいんですよ。

無料ブログサービスのポータルからリンクされているので、そのリンクを辿ってGooglebotがやってきてくれます。

でも、自分で独自ドメインを取って、サーバーを借りて、そこにWordPressその他でサイトを作った場合はそうはいきませんよね。

PINGを飛ばしてGooglebotに来てもらうという手もありますが、やはり新規サイトにはなかなか来てくれない

そこでFetch as Googleを使います。

これね~、使ってみて驚いたんですけど、早いときにはリクエストして数分でインデックスしてくれるんですね。

Fetch as Googleの使い方は簡単

ということでサーチコンソールにサイトを登録したら、まずサーチコンソールのホーム画面でFetch as Googleを使いたいサイトのURLをクリック。

そうしたら次に、左側のメニューを見ます。

「クロール」という項目の中に「Fetch as Google」がありますね。これをクリック。

そうすると、サイトURLのあとに空欄が表示されると思います。

http://www.abcd.com/(ここに空欄)

新しく記事をアップしたら、その記事のURLをここに記入すればいいということですね。

記事のURLが、

http://www.abcd.com/efgh/

だったら、空欄に「efgh/」と記入すればいいということ。

そうしたらあとは「取得」を押します。「PC」と「モバイル」を選べますが、どちらか一方で十分でしょう。

「取得」をクリックするとその下の表に、「/efgh/」と追加されると思います。記事URLのうち空欄に記入した部分だけ表示されます。

で、そこに

「インデックス登録をリクエスト」

と表示されていますのでこれをクリックします。

すると、

「このURLのみをクロールする」
「このURLと直接リンクをクロールする」

と2つの選択肢が出てきますので、上の方を選びます。

ちなみに、1つ目の方法は月間500回、2つ目は月間50回という制限があります。

選んだあとは「送信」を押せばリクエスト完了です。

私はロボットではありません?

そうそう「私はロボットではありません」にもチェックを入れておきましょう。^^

「は? ロボット?」

なんて思うかもしれませんが、ツールで自動的にリクエストを送ることを禁止したいということでしょう。

たまにこれ、ロボットでないことを証明するために「指定された画像を選びなさい」と言われることがありますが、クリックして選ぶだけなので簡単です。

さて。

レンダリングって何?

「取得」を選ぶところでもう一つ、「取得してレンダリング」ってありましたよね。

「レンダリングって何?」

って思いますよね。私は思いました。^^;

ウィキペディアではこう説明されています。

「レンダリング (rendering) は、データ記述言語やデータ構造で記述された抽象的で高次の情報から、コンピュータのプログラムを用いて画像・映像・音声などを生成することをいう。」

また、わかりにくい説明ですね。^^;

まあサイトで言えば、HTMLで書かれているページの内容を、人が見てわかるように変換して表示するっていうことですね。

HTML→ページ表示

と、これだけのこと。

で、これを「Fetch as Google」でリクエストするとはどういうことか、というわけですが・・・

Googlebotから見て、ページがどう見えているのか確認するためです。

自分でちゃんとページを作ったつもりでも、Googlebotから見るとめちゃくちゃになってたり・・・ということはないか確認するということ。

でもこれ、まず心配はいりません

なぜなら・・・HTMLを毎回全部自分で書いて記事をアップする人なんていないでしょ。^^;

WordPressとか、無料ブログを使っているなら、最初の記事で確認すれば、もうそれ以後も大丈夫といえます。

ただ、HTMLやスタイルシートを自分でいじったあとは、ちゃんと表示されるのかリクエストを送ってみて確かめてもいいと思います。

「取得してレンダリング」の使い方

で、「Fetch as Google」でレンダリングしてもらった結果はどうやって確かめるのかというと・・・

さっきの例で言えば、下の表に「/efgh/」と表示されるんでしたね。この「/efgh/」をクリックします。

そうすると、リクエストした記事、

http://www.abcd.com/efgh/

がどう見えているのか、画像で表示されますので、おかしいことになっていれば一目瞭然でわかります。

ということで「ちゃんと表示されているのか心配」という場合は、「取得してレンダリング」を使ってみてもいいと思います。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ