「インターネットで稼ぐ方法」は詐欺とインチキだらけなのか?

速水です。

なぜそんなことが言われるのかというと根拠はこうです。

「本当に稼げる方法を他人に教えるはずないでしょ」
「だから稼ぐ系情報商材は全部インチキ」

確かに個人的にも、そう思わせるような体験も多々あります。^^;

ですが、全部が全部「インチキ」というわけではありません。中には「本物」もあります。

というか、冷静に見てみると、良いものは意外に多いです。

3種類の情報発信者

情報を他人に伝えようとする人は、3種類に区別することができます。

  1. 騙そうとしている者
  2. 良い情報を売ろうとしている人
  3. ボランティア

このうち、1はもちろん避けねばなりません。

ただ、1に当てはまる情報というのは、販売ページを見るとだいたい分かるものです。^^;

3のボランティアから教わるのが一番いいと思うかもしれませんが、そうとも限りません。

なぜなら、ボランティアですので、内容がどんなものであっても、あるいは途中で放棄されても、こちらからは何も言えないからです。

なので「本物」を探す場合は、主に2のグループに焦点を当てることになります。

4つのレベルの情報

でも、

「本当に稼げる方法を他人に教えるはずないでしょ」

という意見にはどう答えればいいのでしょうか?

これはまず、「役立つ情報」といってもレベルがあることを意識しておかねばなりません。

つまり、

A.無料で広めていいレベル
B.有料なら伝えていいレベル
C.仲間内だけなら知らせていいレベル
D.自分以外には絶対知らせないレベル

この4つです。

「本物」の情報を売っている人でも、この4つのレベルはかならず意識して売っています。

「本当に稼げる方法を他人に教えるはずないでしょ」

というのに当てはまるのはCとDということになります。

だから、CやDの情報が売られる場合は「賞味期限切れ」ということが多いです。

でも、Bであれば「本当に稼げる方法」でも人に教えることはあるというわけです。

人によってどのレベルに入れるかはちがう

さらに、この4つのレベルは「人によって全然ちがう」ということも意識せねばなりません。

つまり、ある人は

「こんなこと別に、無料で教えちゃっていいよ」

と思うようなことでも、別の人にとっては

「これって、10万円くらい払ってもいい情報ですよね?」

という場合もありうるということ。

もちろんその逆も。^^;

だから教材を買う場合は、「自分にとっての価値」を考えてから買うべし、ということになります。

本物=本気モノ

もう一つの視点としては、本物の「稼ぐノウハウ」が売られる場合、そのノウハウは

「本気で取り組まなければモノにならない」

ということです。

本物=本気モノ

ということですね。^^

なぜなら、「1日1クリックで稼げます」のようなものは、多くの人に広めてしまえばダメになることは明らかですから。

もしそういうものを見つけたら、それは上記の4レベルのうちCかDということになるでしょう。

それに対して、

「本気で取り組まなければ収入につながらない」

というものであれば、成果が出るまで時間と労力を要しますので、

「面倒くさい」
「難しい」

などといって、ろくに実践もしないという人が多いんです。せっかく大金を出して買ったにも関わらず。

なのでそういうノウハウはライバルが増えることもなく、「本気で実践すれば稼げる」ものとして売られることになります。

賞味期限切れを覚悟すべきもの

じゃあ

「即日稼げる」
「簡単に稼げる」

というノウハウで「本物」は売られていないの?ということになりますけど・・・売られている場合もあります。

ただその場合は、賞味期限切れ間近だと考えて間違いないです。

なのでそういうものを買う場合は、即実行して元を取ってしまうつもりでいるべきでしょう。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ