検索クエリとは~その意味と意図

速水です。

クエリなんて聞きなれない英語を使うからわからなくなるわけですが。^^;

クエリ=キーワード?

まずクエリという言葉の意味ですね。

クエリ(query)=「質問」

です。

あの、検索するときって、検索エンジンに「質問」しているようなものですよね。

だから、もっとわかりやすく言うと

検索クエリ=検索キーワード

です。Googleとかの、検索窓に打ち込む言葉のことです。

Googleのサーチコンソールでも、

検索トラフィック→検索アナリティクス

と見ていくと、自分のサイトに、訪問者がどんな検索キーワードで来ているかを見ることができますが、そこにも「クエリ」と書いてあります。

だから検索エンジンの場合、

クエリ=キーワード

と思っておけばよさそうです。

ここまでが「検索クエリ」の意味。

検索意図を3つに分けてみる

次、検索クエリの意図ですね。

これは、Googleのマット・カッツさんによると、3種類に分けることができます。

もちろん視点を変えれば色々な分け方ができますが、ここではとりあえずこの3種類を紹介しましょう。

それは、

  • ナビゲーショナル
  • インフォメーショナル
  • トランザクショナル

この3つです。

・・・・・・というか、

「また英語かよ!」

って、思いましたね?(笑

それぞれ日本語で

  • 案内型
  • 情報型
  • 取引型

と言われます。

で、これだけだとナンノコッチャという感じですが、それぞれがどういうものだかわかれば簡単です。

それって、例えば?

案内型というのは、検索エンジンにサイトへの案内をしてほしいと思ってする検索です。

たとえば、サイトのタイトルで検索する場合ですね。ユーチューブを探している場合は「YouTube」と検索しますよね。

当ブログを探している場合は「アフィリエイト 速水」とか検索するんじゃないでしょうか。^^

そういう検索意図を案内型と呼びます。

情報型というのはその名の通り、情報を求めています。何か知りたいことがあって検索する場合です。

「アフィリエイト やり方」なんて検索する場合は、アフィリエイトのやり方を知りたいわけですよね。

最後、取引型というのは「行動型」と言い換えてもいいかもしれません。何か行動に出ようとしているということです。

たとえば、「ニンテンドーSwitch 在庫あり」なんて検索する人は、「購入」という行動を起こそうとしている確率が高いですよね。

ということですが・・・

これが何の役に立つのかということですよね。

検索意図を意識しないとつらいことに

以上の「検索意図」を意識することは、サイトを作っていく上で極めて重要です。

・・・って、特に3つに分けて考えなきゃいけないということもないのですけど、「意図」を考えるのはとても大事です。

「このキーワードを検索した人は、何を求めているんだろうか」

ということ。

これを意識しないと、売り込みページばかりの気持ち悪いサイトになってしまったり^^;、「アクセスは多いのに収益が上がらないなぁ」なんて悩んだり、ということになります。

上述の、3つの検索意図で言えば、特に「情報型」と「取引型」を意識することになると思います。

情報型でアクセスを集めておいて、そこでいきなり何かを買ってもらおうとしても、「成約率低いなぁ」ということになるでしょう。

最初から検索意図を意識していれば、そんなことで悩むこともありませんし、次にどういう誘導をすれば成約につなげられるかも、考えることができると思います。

または、単純に役立つ情報を提供してサイト価値を上げることだけを目的とするページとして、最初から作ることもできると思います。

ツールで見つけては記事を書いていたあの日

でもこれ、アフィリエイトを始めたばかりの頃はなかなか意識できないんですよね。

センスがある人ならいざしらず・・・。

私もなかなか意識できなくて、ツールで見つけたようなキーワードで記事を書いて、「なかなか成果が上がらないなぁ」なんて思っていましたから。^^;

昔、「キーワードアドバイスツール」なんてものがありまして、これにキーワードを打ち込むと、検索回数と、検索結果に出て来るページの数を表示してくれたんですよね。

それで、検索回数がお多い割に出てくるページ数が少ないキーワードの場合、需要が多いのにライバルが少ないということですから「チャンス」ということで・・・

そういうキーワードでサイトを作ったりしていました。

でも検索意図なんてまったく考えていなかったから、成果が出にくいようなキーワードでも平気でサイトを作ったりしていたんです。

だから作業の割に成果が上がらなくて、つらい思いをすることになったと・・・^^;

なので、記事を作るときは、日々、キーワードの「検索意図」を意識するようにするといいと思います。

そうすると・・・天賦の才はなくとも、だんだんセンスはついてくるものだと思います。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ