【体験談】在宅ワーク・内職詐欺~翻訳求人の場合

速水です。

在宅で働きたいという人は多いはず。

で、アフィリエイトを始めるずっと前、私も何かいい仕事はないかと探していたんです。

不安定なフリーターでしたからね。^^;

それで見つけた広告が翻訳の仕事の求人です。

こう見えて私、東大法学部出身のフリーターでしたので(笑

英語には少々自信がありました。

まあ、話す方はからっきしなんですが、英文和訳ならちょろいもんだろうと思ったわけです。

テスト結果でおだてられる

それで連絡してみたところ、

「じゃあテストを受けてください」

ということになって、テストを受けました。そのテストって、自宅でできるんです。与えられた英文を和訳して郵送するだけ。

その英文も簡単だったので、意気揚々と答案を郵送し、返事を待っていました。

そうしたところ、

「実に優秀な成績でした」
「あなたのような人にぜひお仕事をしてほしい」

とのこと。

それで私も、東大卒で英語には少々自信があったから(笑)、そう言われると、ころっといい気になってしまいました

だからこのあとの流れにも簡単に乗せられてしまいます。

「でも我が社の規定で・・・」
「お仕事前に翻訳の通信講座を受けていただくことになります」
「その講座の費用に12万円かかります」

はい。だんだん雲行きが怪しくなってきました。

よくあるパターンに乗せられる

でも私はおだてられていい気になっているので、警戒心が消えていまして、次のような「よくあるパターン」にまんまとはまってしまいます。

「でも、あなたの場合、優秀なので特別に…」
「費用は8万円に割り引かれます
「当社としても優秀な方におまかせしたいですから」

そうだよね、優秀だから優遇されてもおかしくないよね、なんて思ったり。

「でも」
「その特典は今月いっぱいで消滅します
「今月中に振り込んでいただかなければ特典消滅です」
「以後、二度とそんな特別待遇はありません」

はい。もうよくあるパターンなわけですが。^^;

でも当時の私はピュアでしたので(笑)

「ああ、あと1週間しかない!」
「早く振り込まないとチャンスを逃してしまう!」
「急がなきゃ!」

と思って、8万円を振り込んでしまいました

通信講座を受けてみたところ…

フリーターにとっての8万円・・・大金です。ただでさえギリギリの生活をしていたのに、おだてられ、急かされ、振り込んでしまいました。

その後どうなったかといいますと・・・

通信講座が始まりますよね。

まあ、英文が送られてきて、それを翻訳して送り返すというだけなんですが。

講座が始まった途端、私への評価は180度変わります

「こんな翻訳では使えませんね」
「もうちょっと努力すべきですね」
「才能がないのかもしれませんね」

等々。

「延長してはどうでしょう?」

そういう評価をもらい続けているうちに通信講座も終わり・・・

「現状の能力では翻訳をお任せできません」
「でもどうでしょう」
「あと少しスキルを身につければ可能ですので…」
「通信講座を延長するというのは?」
延長の場合は6万円しかかかりませんので…」

さすがの私も、それにはお金を払う気にはなれず・・・

「それでは仕方ないですね」
「今後のご活躍をお祈りします」
「気が変わったら連絡してください」

ということで、仕事はもらえませんでした。

結局のところ、8万円を寄付しただけで終わってしまいました。^^;

今となっては、本当によく見られるパターンですけど、これ、まだインターネットが普及していなかった頃の話です。

今や舞台はネット上に

つまり、こういうことをする輩というのは、ネットがない時代からやっていたんだなと。

それが今は、インターネットに舞台を移してきたということですね。

ただ、現在のほうが恵まれているのは、インターネットは彼らの武器であるだけでなく、私達の武器でもあるということ。

もちろん私達はその武器を、あくまで善用していかねばなりませんけど。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ