【分裂危機とは何だったのか】ビットコイン分裂回避?

速水です。

副業として投資やトレードを考えている人も多いことと思います。

それでここ1年くらいで急速に注目を集めている仮想通貨、ビットコインですが、これを扱おうと考えている人も多いはず。

そういう人が心配したに違いない事件として、最近「ビットコイン分裂の危機」というのがありました。

ビットコイン分裂危機とは

どういう危機だったかというと・・・

ビットコインも取引量が増えたものだから、データ処理がそろそろ限界に達しそうだったんです。

それで、その改善法について2つのグループに分かれてしまって、ビットコイン自体も、データ処理の仕方の違いから「2つのビットコイン」にわかれるんじゃないかと思われたんです。

そうなると・・・

「わかれた後のビットコインの価値ってどうなるの?」
「規格が違うビットコインって等価なの?」
「混乱して取引できなくなるとかないの?」

などと、心配する人が出てきます。

「だったら様子見のために今は売っておこう」

と考える人がいて当然です。

一定数の人がそう考えてビットコインを売ってしまうと、当然ビットコインの価格は下落します。

その下落の様子を見て、それまでのんびり構えていた人たちも

「何かやばいことが起きているのでは?」

と急に不安になってビットコインの売りに続きます。

となると価格下落がさらに勢いづきますので、「狼狽売り」を誘い・・・最近の「ビットコイン暴落」とあいなったわけです。

でも結局のところ、ビットコインの改善について、一定の合意が出来上がったので、

「分裂回避」

ということになり、ビットコインの価格は元に戻ったのでした。

日本だけ情報が遅れていた

ここで面白いのは。

「日本だけ」情報が遅れていたということ。

海外では既に「解決ムード」となっていて、ビットコインの価格も急騰に転じていたのに、相変わらず日本では危機だ危機だと言われていたということ。

これはなぜなんだと、思いますよね。

よく言われるのは、

「日本人は悲観的だからそこを利用される」

ということ。

どういうことか?

日本人の「悲観性」を利用する

上記のごとく、「ビットコインがやばい!」なんて噂が流れると、ビットコイン価格が下がるわけですけど・・・

日本の場合、さらに過剰反応して、「ビットコインに関係している会社の株価も下がる」というところまでつながります。

そうなると、多くの資金を持っていて、そういう会社の株がほしいと思っている人は、

「ビットコインの分裂騒動・・・これは使えるな」

と考えても不思議ではありません。

そこで、海外では既に問題は解決に向かっていても、

「ビットコインが危ない!」

という情報を日本国内では執拗に流布するわけです。

そうすると、ビットコイン関連の会社の株価も下がって、上記のような資金を持っている人は、そういう株を「美味しくいただく」ことができるというわけ。

結局マスコミも、そういうことに利用されているということですね。

そういう目で思い返してみると・・・いろいろあったことに気づきませんか?

やれイギリスがEU脱退するから危機とか・・・
トランプさんが大統領になると危ないとか・・・
北朝鮮がミサイル撃ってくるとか・・・

そのたびに日本の株は一時的に暴落しています。そしてその後何事もなかったように上がっています。

最近繰り広げられているのは「安倍首相たたき」でしょうか?^^;

そして、そういう日本人の悲観的な態度を利用して、誰が喜んでいるのか。

それはしっかり認識しておくべきでしょう。

そして認識したあとは・・・

それに乗るも抗うもあなた次第。(笑

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ