【儲からない副業?】ドロップシッピングとは~アフィリエイトとの違い、メリット・デメリット

速水です。

儲からないということはないでしょうが、アフィリエイトに比べるとドロップシッピングは難しい印象があります。

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは何かというと、

「無在庫で物を販売することができる仕組み」

です。

「もしもドロップシッピング」が有名ですね。

http://www.moshimo.com/

「無在庫転売」との違い

無在庫と言っても転売のように、「注文があったら自分が仕入れて…」というわけではありません

自分が仕入れる必要すらありません。

自分のサイトに注文が入ったら、上記の「もしも」かまたは「もしも」と契約している業者から、直接注文者に配送してもらえます

つまり自分は一切商品にさわらないですむということです。

この「無在庫」というところが、ドロップシッピングの最大のメリットになります。

ドロップシッピングの始め方

手順としては、上記の「もしもドロップシッピング」に登録して、自分のサイトを作って、そこでもしもドロップシッピングにある商品を紹介する。

そのサイトにアクセスを集めて商品が売れれば、利益を手にできる、ということ。

「利益」と書きましたが、ドロップシッピングの場合、「報酬」ではなく「利益」なんです。

なぜかというと、商品の値段は自分でつけるから。販売価格と原価の差が、自分の利益となります

つまり、在庫リスクなくネットショップを経営できるのがドロップシッピングということになります。

ただこれだけだと、アフィリエイトとどう違うのかわからないかもしれませんね。

だから、アフィリエイトと比べてのメリットとデメリットを見てみる必要があります。

ドロップシッピング…あくまで自分が売る

ドロップシッピングの場合、あくまで商品を売るのは「自分」です。つまり自分自身が「お店」を持っていることになります。

だから商品に関する問い合わせも自分で対応せねばなりません。

それに対してアフィリエイトは、商品やサービスを売るのは「広告主」です。

だからアフィリエイトの場合、自分のサイトに訪問した人を、広告主のサイトに送るのが仕事となります。

ドロップシッピングは「店主」、アフィリエイトは「呼び込み」といった感じ。^^

ただそれだけに、ドロップシッピングは自分のサイト自体に「販売力」がなければ利益につながりません。

アフィリエイトのように「日記ブログ」やる、なんてことはできないわけです。

アフィリエイト…「広告主頼み」も可能

アフィリエイトの場合は、信頼性や販売力を広告主サイトに頼ることができます。自分が信頼されなくとも、自分に販売力がなくとも、広告主サイトにそれがあれば「売れる」ということになります。

ここのアフィリエイトと比べた場合のドロップシッピングのデメリットの一つとなります。

販売力があれば大きな利益も…

ただ、自分自身に販売力があれば、高い値段で売ることで原価との差、つまり利益を大きく取ることもできます。

そのためには自分のサイトの「ファン」を作る力が重要となるでしょう。

選択の幅の違い

もう一つ、ドロップシッピングのデメリットとして挙げられるのが

「選択の幅が狭い」

ということがあります。

アフィリエイトの場合、現在はもう「あらゆるもの」を扱うことができるんじゃないかと言えるほど選択の幅が広いです。

「商品」を売るだけでなく「情報」を売ることもできるし、旅行を紹介することも、音楽動画配信を紹介することもできます。

また無料で登録してもらうだけで報酬が発生するものも多いですよね。物が売れなくても報酬がもらえるというタイプ。

それに対して、ドロップシッピングで扱えるのは「物」に限定されています。つまり商品のみ。

しかもその商品はほとんど上記の「もしもドロップシッピング」が頼りです。「もしもドロップシッピングにないものは扱えない、ということです。

これは大きなデメリットですよね。なぜなら、他の人とかぶりやすいから。

自分で「利益」を決められると言っても、他の人とかぶってしまえば、下手をすると「価格競争」ということになってしまいます。

それだとドロップシッピングの魅力である「自分で利益を決められる」という点が、消えてしまいますよね。

メリット・デメリットまとめ

ということで最後にドロップシッピングのメリット・デメリットをまとめておきましょう。

【通常のネットショップと比べた場合】

メリット

  • 無在庫で運営できる。

デメリット

  • 扱えるものの選択の幅が狭い。

【アフィリエイトと比べた場合】

メリット

  • 利益は自分で決められる。

デメリット

  • 自分自分に販売力がなければ売れない。
  • 扱えるものの選択の幅が狭い。


選択の幅が狭いゆえに「薄利」になりやすいこと、自分自身に販売力がなければ「お話にならない」ことを考えると、やはりアフィリエイトのほうがメリットは大きいということになります。

「アフィリエイトは報酬が少ないから」

なんていう人もいますが、そういう人はアフィリエイトを知りません。1件決まるだけで報酬1万円を超える案件も珍しくないのがアフィリエイトです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ