【気休め?】ドルコスト平均法にリスク、弱点はないの?~そのメリット・デメリット

速水です。

ドルコスト平均法というのは、定期的に一定額で株を買っていく方法です。

まあ、毎月初日に特定銘柄10万円分買いますよ、とかですね。

ドルコスト平均法のメリット

そのメリットは、一定額で買っていくので、

安いときにはたくさん買う
高いときには少なく買う

ということが自動的にできて、買い価格の平均が安くなること、と説明されます。

もう一つの大きなメリットとしては、

「ほとんど考える必要がない」

ということ。だから精神的負担が少ない方法だと言われています。

それで、ドルコスト平均法を「優れた方法」として推奨する人も多いです。

ただ、デメリットも多いですので、そこに気をつけておかねばなりません。

デメリットも多い

少ない資金ではそもそも不可能

まず当然ながら、少ない資金では不可能です。

定期的に一定額を書い続けていくわけですが、長く続けないと意味がありません

そうしないと、「平均」に収束していかないので、ドルコスト「平均」法にはなりません。

一定額を長期間、黙々と投資していくわけですから当然その分資金が必要です。

「一回分の金額を少なくすればいいのでは?」

と思うかもしれませんが、一回分の金額が少ないと、株価が上がろうが下がろうが同じ枚数しか買えないということになってドルコスト平均法にはなりません

安くなっている時に枚数を増やせるからこそ、平均の買い価格を下げることができるわけですので。

たとえば。

毎月1万円しか投資できなくて、1枚9000円の銘柄を1枚だけ買っているとします。

この銘柄が暴落して、5000円になったとしても・・・やっぱり買えるのは1枚だけですよね。せめて半値まで暴落してくれないと枚数は増やせません。

逆に、値上がりして11000円になった場合、今度は1枚も買えなくなります。

そのままその銘柄が上げ続けた場合は、二度と買えないということになります。

でもまあ、それまでに十分その銘柄を買っている場合は、買えなくとも値上がりしてくれるわけなので、このケースは喜ばしいことですね。

次に。

大きなリターンは難しい

ドルコスト平均法は、「精神的な負担が少ない」と言われていますが、リターンも少ないです。

だって、長期間かけてじわじわ投資していくわけですからね。

「チャンスに資金を集中して大きく稼ぐ」

ということはできません。お金だけでなく、時間的なコストを考えると、利益は少ないものとなってしまいます。

また。

利確はどうするの?

「精神的負担が少ない」と書きましたが、まったく頭を使わなくていいわけではありません。

やはりいつかは「利益確定」しなければなりませんが、それをいつにするかで、悩むことになると思います。

「売ろう」

と思っても

「いや、もっと含み益が増えるかもしれない」

と思うかもしれないし、そうしてグズグズしているうちに、含み益が減るかもしれません。

それで、含み益が減ってしまったから

「じゃあちょっと様子見」

なんて考えてたら、今度は含み損になってしまって、

「ああやっぱりあの時売っておけばよかった」

となるかもしれません。

つまりこのあたりの精神的負担は、他のトレード方法と変わらないということになります。

恐怖を味わうこともある

それから。

「含み損」と書きましたが、ドルコスト平均法を採用している限り「絶対勝てる」というわけではありません

値動き、チャートのパターンによっては損失が出てしまいます。

たとえば選んだ銘柄が下げ続けた場合・・・

「ドルコスト平均法だから・・・」

と言って定期的に買い続けていると、それはただの無限ナンピンになってしまいます。

含み損がどんどん大きくなって、怖い思いをすることでしょう。「精神的な負担が少ない」というドルコスト平均法の利点なんて吹っ飛んでしまいます。

下げ続けなくても、一旦暴騰してその後急落、あとは長期間に渡ってヨコヨコの展開が続く・・・というのもよくあるパターンですが、このパターンでも含み損を抱え続けることになりますよね。

暴騰した時にも、決められた日に決められた額、買っているのだから。つまり天井近くで買っている可能性もあるわけです。

「いやいや、私はドルコスト平均法で勝てる値動きをする銘柄を買うから大丈夫だよ」

という人もいるかもしれませんが、それならもう値動きを読んでいるということなので、無理に定期的に買う必要もないということになります

値動きを掴んでいるのなら安い時に買えばいいんじゃない?ということになりますよね。

「誰にでも推奨」できるようなものではない

以上のことを考えますと・・・

ドルコスト平均法にそこまで大きな信頼は置けないということになります。

やはりあくまで数ある手法の一つとして、これを採用するかどうかは慎重に検討する必要があるのでしょう。

上記のように、含み損が拡大していく可能性もあるわけなので、「精神的負担が少ない」というメリットも容易に消えてしまうことがあります。

「気休め」にもならないかもしれないということ。

買いのタイミングを分散させることで、買いの平均価格を下げようというのなら・・・

特定の銘柄の値動きをある程度観察して、「底」または「押し目」と思える時に、何度かに分けて買うほうが効率は良いかもしれません。

これなら先程の例のように、「天井」で買ってしまってその後急落、という危険は減らすことができそうです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ