RCIのテクニカルでの利用~-100で買い? 計算式を気にすると…

速水です。

ある有名な人が

「私はRCIマイナス100張り付きで買いを入れるのが得意です」

なんて言ったということで、有名になった(?)テクニカル指標RCIですが。

その計算式は複雑怪奇ですが、使い方は単純です。

なので先に使い方を説明し、あとで計算式を取り上げてみましょう。

では概略と使い方。

RCIの概略

RCIの数値は、マイナス100からプラス100までありますが、一定期間に下がる勢いが強いほどマイナス100に近づき、上がる勢いが強いほどプラス100に近づきます

「一定期間」というのはRCIにも対象とする期間があるからです。

期間にはいろいろあるようですが・・・ハイパーSBIのNEWチャートでは5日、9日、13日、18日が表示されているようです。

「ようです」というのは、「日」とも「週」とも書かれていないので。^^;

ただRCIのグラフの変化から「日」なんだろうなと判断した次第です。

たとえば、最近5日間、毎日株価が下がり続けていたとしたら、本日の5日RCIはマイナス100となっているはずです。

なので使い方としては・・・

テクニカル指標RCIの使い方

自分のトレードの時間軸に合わせて、RCIの期間も選ぶことになりますが、RCIがマイナス100に近いところから反転して上昇を始めたら・・・「買いかな?」という一つの判断材料になると。

逆にプラス100に近いところから反転して下がり始めたら「そろそろ売りかな?」となるわけですね。

また、ゴールデンクロスやデッドクロスを見る使い方もできます。

RCIの短期線が長期線を、下から上に突き抜けたら「買いかな?」、上から下に突き抜けたら「売りかな?」と考えるということです。

もちろん、RCIだけでは判断できませんが、使いやすいと感じたなら使ってみてもいいかもしれません。

さて。

RCIの計算式

次にRCIの計算式ですが。

このようになっています。

{1-6d/(n^3-n)}*100

このうち、「d」は対象期間の

「それぞれの日付の順位と価格の順位の差」を2乗し
すべて合計したもの

です。

「n」は期間です。

・・・・・はい、さっぱりわかりませんね。^^; 文系の私には何がしたいのかさっぱりです。

実際に計算してみよう

ということで、実際に数字を当てはめて考えてみましょう。

5日RCIの計算をすることにします。期間が長いと大変なので。^^;

で、仮に今日の日付を9月5日としましょう。そして9月5日のRCIを計算します。

株価が上がり続けた場合

最近5日のある銘柄の株価が以下のように推移したとします。

9/1・・・100円
9/2・・・110円
9/3・・・120円
9/4・・・130円
9/5・・・140円

計算には「それぞれの日付の順位と価格の順位の差」が必要なので、それぞれに順位をつけます。

日付の順位は、本日を「1位」とし、過去に遡るほど順位が下がっていくだけです。だから上の例では、9月5日が1位で、9月1日が5位。

価格の順位は、価格が最も大きいものが1位です。だから140円が1位で、100円が5位。

これを用いて「d」を計算すると? dは

「それぞれの日付の順位と価格の順位の差」を2乗してすべて合計

なので、

9月1日は日付が5位で価格も5位だから

(5-5)^2=0

同じように計算すると、

9/2・・・(4-4)^2=0

って・・・あとは計算しなくてもいいですね。5日間全部「0」になりました。これを5日分全部合計しても0なので、

d=0

となります。

そうすると、9月5日のRCIは、

{1-6*0/(5^3-5)}*100=100

となりました。

つまり、最近5日間毎日株価が上がり続けた結果、9月5日のRCIは100になったということです。

株価が下がり続けた場合

じゃあ、下がり続けたことにしてみましょうか。

9/1・・・140円
9/2・・・130円
9/3・・・120円
9/4・・・110円
9/5・・・100円

となったと。日付の順位と価格の順位を①~⑤で書き込むと

9/1⑤・・・140円①
9/2④・・・130円②
9/3③・・・120円③
9/4②・・・110円④
9/5①・・・100円⑤

こうなりますね。で、それぞれの日の、「順位の差の2乗」を計算すると、

9/1・・・(5-1)^2=16
9/2・・・(4-2)^2=4
9/3・・・(3-3)^2=0
9/4・・・(2-4)^2=4
9/5・・・(1-5)^2=16

となりました。これを全部足すと。

16+4+0+4+16=40

となりました。つまり

d=40

です。これで9月5日のRCIを求めると、

{1-6*40/(5^3-5)}*100=-100

マイナス100となりましたね。^^

最近5日間株価が下がり続けた結果、9月5日のRCIはマイナス100となったわけです。

100、-100に張り付くということは?

これ、同じく下降トレンドでも、途中で一旦株価が上がったりすると、マイナス100にはならないことは、計算してみるとわかります。

たとえば価格の1位と2位を入れ替えて計算してみるといいです。

つまり、マイナス100に張り付くということはRCIの対象期間中「毎日下げ続けている」ということですし、100に張り付くということはその逆です。

対象期間中に、一旦押したり戻したりした場合は張り付いたりはしないんですね。

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ