ユーチューブ100万回再生で報酬いくら?~YouTubeアドセンスの広告収入単価

速水です。

「YouTubeの広告単価っていくらなんですか?」

と、たまに聞かれることがありますけど、平均的な数値としては

1再生あたり0.1円

程度です。

ということは100万回再生されると「10万円の収入」ということになります。

でもこれ、あんまり意味がないんです。

なぜかというと、「平均」だから。

多い人はこれよりずっと多いし、少ない人はずっと少ないということもありえます。

じゃあなぜそんなことが起きるのか?

それには3つの理由が考えられます。

①動画作成者の価値
②扱うジャンル
③動画の品質

①動画作成者の価値

まず①ですけど、これはわかりやすいと思います。

全く無名の動画作成者と、ヒカキンさんみたいな人気YouTuberとでは、広告単価が違うのはむしろ当然でしょう。

そういう人気YouTuberの動画であれば影響力が大きいですので、他の人より高い広告料を払ってでも、広告を表示したい、と思うはずです。

また、アドセンスだけでなく、その人気YouTuber自体とスポンサー契約を結びたい、ということもあるはず。

そこでさらに違ってきますね。

②扱うジャンル

次に②の「扱うジャンル」ですけど、やはり広告費をたくさん出すジャンルとそうでないジャンルはあります

ただこれは、自分が扱うジャンルだけでなく、視聴する人にも左右されますので、チャンネル登録者が多くなればある程度平準化されると考えられます。

③動画の品質

③の動画の品質。3つの中ではもっとも気にしなければならない要素です。

これがどう単価に影響するのかというと・・・

簡単に言えば、ちょっと見ただけで、

「これは求めていたものではない」

と思われてしまうと、すぐに去られてしまうということです。

そんなパターンが多ければ、いくら再生回数が多くとも、動画はすぐに閉じられて、広告は見られていないことになります。

だから報酬が発生するわけもなく、再生1回あたりの広告収入も下がることになります。

ただ、動画品質と言っても、

「見た目がプロっぽい動画を作らなければ!」

と考える必要はありません

まあそれもいいのですけど、大事なのはその動画にやってきた人の

「欲求に応えること」

です。

そのへんはサイトを作る場合と同じということ。

その動画のタイトルやサムネイルを見て、その動画にアクセスしてくるのだから、そのタイトルやサムネイルにふさわしい内容でなければならないということですね。

そうでなければ。

「ダマシ」のようなタイトルを付けて、動画にアクセスしてもらっても、見てもらえないわけだから報酬は発生しないことになります。

そうして訪問者がすぐに去ってしまうようなチャンネルだと、そのチャンネル自体YouTube内で評価されなくなっていきます

つまり、ユーチューブ内の検索でも表示されにくくなるし、関連動画としても出てこなくなるということ。

基本はサイトアフィリエイトと同じ

結局「訪問者目線」

サイトアフィリエイトをする場合と、基本的な考え方は全く同じということです。

そりゃYouTube特有のSEOとかありますよ? でも「訪問者目線」を忘れてしまうと無意味です。無意味どころか、有害にさえなってしまいます。

サイトアフィリエイトが経験した「間違い」を、YouTubeアドセンスでも繰り返すことになります。

つまり、「スパム→ペナルティ」のいたちごっこ。

そうして大きな徒労感を味わうことになります。

だから。

これからYouTubeアドセンスをやっていこうという人にとって、3つの要素のうちの③、「動画の品質」は極めて重要ということになります。

この点に気をつけていれば、チャンネル登録者も増え、そうなれば①の「動画作成者の価値」も上がっていくことになります。

コンテンツをしっかり作るというのは、遠回りに見えて実は近道なんですね。

そのためにぴったりの教材。

YTM∞のレビュー

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ