「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」ジョージ・ソロスの名言に思う

速水です。

株とかFXとかは、人それぞれの勝ち方があって、勝っている方法であれば「どれも正しい」というのが実際のところのようです。

でも、そんなにいろいろと「勝つ」方法があるのに、なぜ多くの人は負けてしまうのか、「株やFXは危険」なんて言われてしまうのか、ということですよね。

その理由はおそらく以下のとおりです。

「即退場」を繰り返す

たとえば、株をこれから始めようという場合。

多くの人は

「一発当ててやるぞ」

と。(笑

そう思って始めるんじゃないかと思います。

それで、無理なポジションを取って、予想以上に大きな損失を出して怖くなり、

「ああ、やっぱり株は危険なんだ、やめよう・・・」

となるわけです。

で、またしばらくして「もう一度チャレンジしてみよう」と思ってやってみても、前回と同じ考え方をしている限り、また大きな損失を出して退場、ということになります。

それで結局、

「最終的には負け」

という人が多いので、

「株は危険」

と言う人が多くなるわけです。

じゃあどうすればいいのかと。

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」

特にこれから株を始めようという人の場合、第一に意識しなければならないのは、ジョージ・ソロスのこの言葉なんだと思います。

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」

まずこれ、解釈を間違ってしまうと、

「生き残るだけなら、投資なんてしなきゃいいじゃん」

ということになりそうですが、あくまで投資家の言葉として解釈せねばなりません。

そうすると、

「損するな」
「退場するな」

と言う意味に取ることもできますが、そこで止まってしまうと

「そんなの誰でも思ってるよ!」

ということになりかねません。

大事なのはその後です。

「儲けるのはそれからだ」

と言っていますが、これも表面的に、

「まず生き残るのね、それから儲けることを考えるのね」

という単なる「心構え」と捉えられがちです。

ジョージ・ソロスの名言の真意

でも実は。

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」

この一行は、心構えを示しているだけでなく、「トレードで勝てるようになる」筋道を示しているんです。

たった一行で。

どういうことかというと・・・

まず生き残る、ということは退場しないでずっと相場に取り組むということです。

そうするとどうなるかというと、いろいろな面で経験値が積み重なっていくわけですね。

たとえば。

一生に一度のチャンス?

わかりやすい例を出しますと、「急騰し始める株」ってありますよね。

これ、あまり経験がないと、

「一生に一度の大チャンスなのかもしれない…」

なんてことが頭をよぎってしまうわけです。

そうするとどうなるかというと・・・かなーり高くなっているにも関わらず、その株に飛びついてしまったりするわけですね。

いわゆるJC、ジャンピングキャッチというやつ。^^;

で、そういう場合、往々にして買ったときが天井で、その後急落するわけですよ。

そして経験がないものだから、どうすればいいのかわからずに右往左往している間に、どんどん損失が膨らむわけですね。

で、退場と。^^;

ところが。

「まず生き残る」

これを実践して、長期間相場に向き合っていると、急騰銘柄を見ても動じなくなるわけです。

「あ、今回は乗り遅れちゃったけど…」
「まあチャンスなんていくらでもあるからね」

と、落ち着いていられるわけ。それで高値で買ったりせずにすむということです。

大事件で株価暴落…どうすればいいの?

また、長く相場と向き合っていれば、いろいろな事件、イベントを経験することになります。

それで、事件やイベントがあった時に、株価がどう動くのか、だんだん見当がつくようになるわけですね。

ところが経験がないと、「どうなるんだろうどうなるんだろう」と不安が募るだけで、どう対処していいかわかりません。

それで、何か事件があって株価が暴落したときなんかに、慌てて底値で売ってしまったりするわけです。

経験がある人はそれをある程度予想していますので、暴落時に、安くなったところで良い銘柄を一気に買い集めたりします

経験がない人とある人とで、行動が逆になるということです。

また。

それぞれの銘柄の癖がわかる

長く相場に向き合って、いくつかの特定の銘柄を見続けていた場合、もうその銘柄の動きの癖が大体わかってきます。

そうなるとその銘柄ではめったなことで失敗しなくなります。

自分にあった手法が確立される

以上は変化にどう対応するかという例でしたが、

「トレード手法」

という点でも、「生き残る」ことで長く相場に取り組んでいれば、自然と「自分にあった方法」が構築されていきます

最初に「勝ち方はたくさんある」と書きましたが、生き残っていくことで、どういう手法が自分に合っていて勝ちやすいか、つかむことができるということ。

「生き残る」それだけで、あらゆる面が進化する

つまり、

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」

生き残ることで、儲ける技術が身につくということです。

生き残って経験を積むことで、多くの面が進歩して、初心者とは比較にならない能力を身につけられる

だからとにかく生き残って相場に取り組み続けることが大事だと、ジョージ・ソロスは言ってるのだと思います。

「生き残る」

アフィリエイトでもそうですけど、アフィリエイトの場合、株やFXのように大きな損失を出して退場、ということはありませんので、はるかに気楽ですね。^^

アフィリエイトだって、生き残ることで、サイトも自分の知識や能力も向上していきます

そしていつのまにやら、初心者とは埋めることのできない差ができます。

ただアフィリエイトの場合、大損失を食らってた以上ということはないのに、自ら諦めてしまう人が多いんですよね。^^;

もったいない。

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ