YouTubeアドセンスがブログのアドセンスより有利なのは収益単価だけではなかった

速水です。

アドセンスをやっていくには、現在、YouTubeとサイト(ブログ)、2つの方法があります。

片や動画作成、片や記事作成ということになりますが、

「動画作成も記事作成も同じくらいできる」

という人の場合、アドセンスに限るならYouTubeのほうが稼ぎやすいと感じています。

それはなぜかというと・・・

なぜYouTubeはアドセンスの成果が上がりやすいのか

一つには、「YouTubeは受動的」ということが挙げられます。

それについては前に書きましたね。

ユーチューブアドセンスとGoogleアドセンス(サイト、ブログ)の違い~メリット・デメリット

クリックされなくても成果が上がる広告があるわけですし、YouTubeなんてBGM的に再生しっぱなしということもありますから、報酬は発生しやすいだろうと推測できます。

これがサイトだと、「広告」というだけで「絶対クリックしないぞ!」(笑)という人も多いですからね。

サイト(ブログ)よりはるかに有利な点

ただ、YouTubeにはもう一つ、ブログでアドセンスをやるよりもはるかに有利なメリットがあります。

それは、

「量的に貧弱なコンテンツでもアクセスを呼び続けることができる」

ということ。

どういうことかというと・・・

ユーチューブ動画であれば、たとえ数秒しかないような動画でも、それが面白ければ、長期に渡ってアクセスを呼ぶことができる、ということ。

ほったらかしでもアクセスを維持できるんです。

ブログだとそういうわけにはいきません。

100文字とか200文字しか書いていない記事が数記事の貧弱なブログを、更新もせずに放置しておくと時間の問題でアクセスがゼロになるでしょう。

でもYouTube動画の場合、数秒から数十秒の動画が数個しかないようなチャンネルでも、何年もアクセスを維持することができることがあります。

あります、というが実際私が作った動画がそうでした

更新もしていないのに、延々と再生され続ける。

なぜアクセス「ゼロ」にならないのか

これはなぜかというと、まずYouTube自体が既に、多くの人を集めてくれているということが挙げられます。

ブログだと、ブログ単体の力で、インターネット世界から訪問者を呼んでこなければなりません

ところがYouTubeの場合は、すでにYouTube内に動画視聴者がたくさんいるわけです。

既に多くの人をインターネット世界から集めてくれているので、動画が人の目にさらされる機会は自然と多くなります。

たとえるなら、ブログは個人商店ですが、ユーチューブ動画は世界一お客さんの多いデパートの中でお店を出しているようなものです。

また、関連動画や自動再生など、YouTube全体としての再生数を上げる仕組みも整っています。

デパートにたとえるなら、一つの売り場から別の売り場へ、さらにまた別の売り場へと、お客さんを強力に誘導する仕組みが整っているということです。

デパートの外に出すことなく。

ということで、YouTube内で動画を作ると、量的には貧弱な動画であっても、安定してアクセスを呼び続けることも可能、ということになります。

これが、サイト(ブログ)と比べた場合の、YouTubeの最大の強みといえるかもしれません。

ということは。

積み重なりやすい=やり甲斐を感じやすい

本気になって動画を投稿していく、さらにはYouTube特有のSEOもかけていく、ということを続けていけば、自分のチャンネルを強く育てることはそれほど難しくない、ということになります。

量的に貧弱な動画でもアクセスを呼び続けることがある、ブログのように「ゼロ」になったりしないということは・・・積み重なりやすい、ということですからね。

積み重なりやすい、自分のチャンネルが目に見えて育っていくということなら・・・これはやり甲斐も生まれやすいです。

だから私も・・・少し前までは、

「サイトがメイン、動画はあくまでサブの集客手段」

と考えていたわけですけど、今では十分、メインを張る力があるんじゃないかと、考えるようになりました。

最新の動画教材

YTM∞(YouTubeトレンドマーケティング無限、バナナデスク)のレビューと評価、そして特典

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ