SNSアフィリエイトとYouTubeアドセンス、アクセス維持力の違い

速水です。

YouTubeの利点として、

「貧弱なコンテンツでもアクセスを維持できる(ことがある)」

ということを前にお話しました。

YouTubeアドセンスがブログのアドセンスより有利なのは収益単価だけではなかった

で、「なぜ維持できるのか?」の説明としては、

YouTubeというサービス自体に既に膨大な利用者がいるから

ということでしたね。

またこれは、SEO的にも、

YouTubeというサイトが強い
=そこに動画をアップするだけで検索上位に入りやすい

ということを意味します。

なので既存の利用者を回すだけでなく、新たな利用者を、検索エンジンの世界から誘導してくることができるわけです。

でもこういう特徴って、他のSNSにもありますよね。

Twitterとの比較

例えばTwitter。

これも既に膨大な利用者がいますので、Twitter内だけで非常に多くのアクセスを集めることができます。

でも。

Twitterだと、ツイートをやめてしまえば、時間の問題でアクセスは「ほぼゼロ」となってしまうでしょう。

なぜなら、Twitterの場合は「交流」に魅力があるわけであって、一方的に何かコンテンツを楽しむというものではないからです。

なのでツイートが止まれば、そのアカウントを見に来る人はどんどん減っていくのは当たり前ですね。

「Twitterに動画をアップすればいいのでは?」

と思うかもしれませんが、それこそ動画の「アクセス維持力」を証明するものとなります。

アメブロの場合

では他のSNSで・・・コンテンツができるだけ一方的なもの・・・

たとえばアメブロはどうでしょう。

アメブロも「アメブロ」というサービス内に、すでに多くの利用者を抱え、交流のための機能も豊富ですので、ただのブログサービスというより、広い意味でのSNSと言っていいでしょう。

そして、ブログであればそのコンテンツは、一方的であっても問題はありません。

が。

やはり、少なくともコンテンツが貧弱な段階で記事アップをやめてしまえば、アクセスを維持することはできないでしょう。

「アメブロ内」に既存の利用者を多く抱えているのに、なぜ維持できないのか?

これはやはり「文章だから」ということになりそうです。

文章は自分から「読もう」としなければ、理解できませんよね。

ということは動画に比べると、楽しむためのエネルギーが余計に必要です。

しかも文章の場合、一定以上の文字数がないと検索エンジンから評価されないことが多いので、書き手としては意識してたくさん書こうとします

ということは、これを読む方にとってはますます多くのエネルギーを要求されます

だから一つの記事を読んだあと、

「こちらの記事もおすすめですよ! 面白いですよ!」

なんて言われても

「いやもうけっこうです」(笑

となることが多くなると思います。

動画の利点

それに対して動画の場合。

動画が短いからといって、検索エンジンから「ゴミ」と評価されることはありません。

数十秒の短い動画であっても、閲覧者が多いものは評価されます。

その上、文章のように「読もう」なんて思わなくても・・・極端な話、寝ていても再生は勝手に進んでいきます。

つまり動画を楽しむのは文章を楽しむのに比べて格段に楽なんです。

だから、関連動画や自動再生で次々と再生させることが可能なんです。

ただでさえ既存の利用者が多いYouTubeですが、その一人ひとりが複数の動画をどんどん見ていくことになるわけです。

その上・・・

文章に比べて、動画というのは、同じ人が同じものを何度も見るということが多いです。

音楽を何度も再生するのと同じような気分で、動画も再生するんです。

だから、一度多くの人に見られて評価が固まった動画は、関連動画などに表示されやすくなることで次から次へと視聴者を得ることができます。

そうして、ほとんど放置のような状態でも、何年もアクセスを呼び続けることが可能になるわけです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ