ブログ記事作成と「間違い」~「間違っていい!」部分もある

速水です。

ブログの記事を書くときに「時間がかかってしまう」、その原因と一つとして

「間違いが気になって仕方ない」

ということがあると思います。

「自分の書いていることの何かが間違っているんじゃないか」と気になって、手が止まってしまうというわけです。

これにはどう対処すればいいのか?

これは、

「気にすべき間違い」
「気にしなくていい間違い」

この2つを区別することで、ある程度対処できます。

では「気にすべき間違い」とはどんなものか?

いちばん気をつけるべき「間違い」

まず一番気をつけるべきは、

「文章の意味がわからなくなるような間違い」

これはなんとしても避けたいです。

書いた後に読み返せばすぐに気づくことがほとんどですけど・・・気づけない場合があるのが厄介ですね。^^;

それはどういう場合かというと、

「言葉の意味や使い方、表記を間違っておぼえていた場合」

です。

けっこうこれ、よくあるんですよ。子供のころに、間違っておぼえてしまってそのままとか。

なので気づきにくいです。

「気づく」を「気ずく」とか書いちゃうパターン。よくあります。^^;

だからそういうものについては、日頃から多くの文章に触れることで、「気付ける」ようにしていくべきだと思います。

ちょっと調べればわかること

それから他に。

気にすべき間違いとしては「ちょっと調べればわかること」。

これはたとえば「事実」に関することなどがそうですね。

ちょっと検索すれば、事実か否かわかるようなことを平然と間違っているのはまずいと思います。

・・・とはいうものの、これも「間違っておぼえていた」パターンに当てはまってしまうことがあるんですけど。^^;

とりあえず「これどうだったっけ?」と疑問に思ったら、簡単に検索くらいはしてみるのがいいでしょう。

ただ、「調べてみても事実なのかどうかわからない」という場合は、間違いかどうかは気にしなくていいと思います。

ただ「自分はこうだと考える」と書けばいいだけのことです。もちろんそれに根拠も添えて。

以上、「気にすべき間違い」として、

・文章の意味がわからなくなるような間違い
・ちょっと調べればわかること

この2つを挙げておきました。

ということですので、これら以外はそんなに気にしなくていいでしょう。

むしろ間違いを気にすべきではない部分

「気にしなくていい」間違いの代表としては、「自分の考え」「自分の感想」があります。

こういうものはむしろ「気にしなくていい」どころか「気にしてはいけない」ものです。

自分の記事を書いているのに、

「他の人と考え方が違うんじゃないか」
「感じ方が違うんじゃないか」

と考えて、大多数の意見に合わせて記事を書くとすれば・・・何の面白みもない記事が出来上がるでしょう。

「Wikipedia」のような記事が出来上がってしまいます。

それでは「あなた」が書く意味がありません。

「考え方」「感じ方」なんて部分は「オリジナリティ」を出せるチャンスとなる部分ですので、ここは間違いを恐れず書くべきです。

もちろん、そう考える、そう感じる根拠は必要です。何かを主張した場合は、根拠も述べることは記事作成の原則ですので。

「いちいち根拠なんて面倒くさい」

と思う人もいるかもしれませんが・・・

それはもったいないですよ?

なぜかというと、そこが記事を書く上で最も面白いところだからです。

そこに面白い記事の秘訣がある

だって、「自分の考え」「感じ方」なんだから、根拠さえ一定の説得力があればもう「なんでもあり」ですよ?

面白い記事の一つのパターンですね、これ。

「常識とまったく異なることを主張する」
「それに説得力のある根拠をつける」

このパターン。

あなたが記事のタイトルや冒頭で、常識とはかけ離れた主張をしたとします。

で、そこで終わってしまうと

「バカじゃないの」

と思われて終わりです。

ところがそのあと続けて、説得力のある根拠が述べられていたら・・・

「なるほど、これはすごい」
「そうだったんだ!」
「いい話を聞けた!」

となるはずです。

ということですので、自分の考えを述べるときは

「間違いかどうか」

を気にするのではなく、

「根拠を説得的に述べることができるかどうか」

ここを最重視すべきです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ