ブログ記事作成で「時間がかかる」対策

速水です。

ブログの記事を書くときに「時間がかかる」と言っても、全員が同じところで時間を取られているわけではありません。

ただ、大きく分けると次の3つになるのではないでしょうか。

①「何を書くか」決めるのに時間がかかる
②調べるのに時間がかかる
③文章を書くこと自体に時間がかかる

この3つです。

ということで、自分がどこに時間を取られているかを分析して、それぞれ対策をすればいいことになります。

全部で取られている場合は全部対策ですけど。^^;

「何を書くか」決めるのに時間がかかる

何を書くのか決めるのに時間がかかる場合、対策は単純です。

それは「メモ」。

とにかく、ブログネタにできそうなことに出会ったり、ネタを思いついたりひらめいたりしたときは「即メモ」

これが最も効果的です。

「ときメモ」じゃありませんよ。(古

それを習慣にしておくと逆に「書くことがいろいろありすぎて…^^;」という状態にできるでしょう。

アフィリエイターの場合は、「キーワード」の形でメモすることが多くなると思います。

「こういうキーワードで行けるんじゃないかな」

と思ったらそれを片っ端からメモしておいて、そのキーワードをタイトルに入れて記事を書くということですね。

調べるのに時間がかかる

これは仕方のないところだと思います。まあ、知らないことは調べないわけにはいかないですからね。

対策はいくつか考えられます。

  • 詳しいジャンルを扱う
  • 扱うジャンルをある程度絞る
  • 前もって書籍などで基礎知識を増やしておく

という感じでしょうか。

既存の知識が多ければ、調べることは少なくなりますので、当たり前ですけどその分調べる時間を短くできます。

調べないですむこともあるし、調べるにしても「何をどこで」調べればいいかわかっていることが多いでの、効率的にリサーチできます。

「ジャンルをある程度絞る」というのは、ジャンルを絞ってブログを書き続けたほうが、そのジャンルについて詳しくなりやすいからです。

文章を書くこと自体に時間がかかる

記事を書くこと自体に時間がかかってしまう、という問題への対策は・・・

「慣れる」^^;

というのがいちばんですね。

毎日記事を書いていれば誰だって書くのは速くなります。

あと、単純な「展開パターン」を守るようにしておくと書きやすくなります。

  1. 最初に何らかの主張
  2. 次にその理由、根拠を述べる
  3. それから具体例やデータなどで補強
  4. 最後にまとめと主張

こういう単純なパターン。PREP法と呼ばれたりする形式ですね。

こういうパターンをある程度決めておくと、

「一行目はどうしようか・・・」

なんて、小説家気取りのようなことをしなくてすむようになります。^^;

以上、記事作成に時間がかかる場合の対策でした。

まとめ

まとめておきましょう。

①「何を書くか」決めるのに時間がかかる
メモ! メモ! とにかくメモ!

②調べるのに時間がかかる
知識を増やす

③文章を書くこと自体に時間がかかる
慣れる、パターン化する

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ