出来高を伴う?伴わない?で下げと上昇の意味が違う【逆ウォッチ曲線と値動き】

速水です。

株を始めたばかりの頃は軽視しがちで、視野にすら入っていないことが多いけど、実はいちばん大事なんじゃないかと思えるのが「出来高」です。

よく、

「出来高は嘘をつかない」

と言われますね。

出来高は嘘をつかない

細かい値動きはある程度操作できて、それで他人を騙すこともできるけど、売買後の出来高は、何をどうやっても記録として残ってしまうので・・・

嘘がつけないということです。

だから、ダマシの多い値動きだけでなく、嘘をつけない出来高にも注目しなければ、「負けて当然」ということになります。

・・・いや、「負けて当然」は言いすぎですね。^^; 手法なんて人それぞれだし。

でもまあ、重視すべきことに変わりありません。

「出来高は意志を表す」

とも言われます。

出来高は値動きの意志を表す

つまり「出来高を伴った」値動きというのは、「ダマシではない」「本物である」可能性が高いということです。

株価が上昇するにしても、出来高を伴っていれば、そのまま上がっていく可能性は高いということになります。

それがたとえば・・・

上値抵抗線、レジスタンスラインを、出来高を伴って大きな値幅で突き抜けていく、つまりブレイクする場合などは、

「今後の株価の居場所はこのラインの上!」

という強い「意志」が感じられることになります。

ただ、上がったとしても、急激に押し返された場合・・・つまり長い上ヒゲが出た場合は「天井」の確率が高くなります。

逆に、出来高を伴って大きく下げた場合は、「大きな資金が抜けたんじゃないかな?」と疑うことになります。

下げの時も、長い下ヒゲが出た場合は、考え方は同じですね。

では「では出来高を伴わない」場合は?

これは、上げにしても下げにしても、その「意志」は弱いと考えられます。

だから例えば・・・

ある銘柄が急騰したけど、その後急落、なんて場合。

その急落のとき、上昇時に比べてはるかに出来高が少ない場合は、「押し目」を作ってまた上昇に転じるのではないか、という心の準備ができるわけです。

まとめると以下のようになります。

上昇+出来高大=強い上昇
上昇+出来高小=弱い上昇(反転するかも)
下降+出来高大=強い下降
下降+出来高小=弱い下降(反転するかも)

さて。

逆ウォッチ曲線を意識する

出来高と値動きを見る上で、

「逆ウォッチ曲線」

に注目する人もいます。

逆ウォッチを図示するとこのようになります。

r-watch

出典:カブドットコム証券
http://kabu.com/investment/guide/technical/17.html

ご覧の通り、出来高と値動きを辿っていくと、

「反時計回り」

になるということです。

順番に説明すると以下のようになります。

①出来高が徐々にアップ。株価はあまり動かない。
②出来高が急に多くなるとともに、株価上昇開始。
③出来高を伴って株価上昇。
④出来高が減り始める。上昇の勢いも止まる。
⑤出来高減。値幅も狭まる。
⑥出来高さらに減。下降開始。
⑦少ない出来高で株価下降。
⑧出来高復活の兆し。下降の勢い弱まる。

逆ウォッチはこのような出来高と株価の動きを表しています。

逆ウォッチは全てに当てはまるわけではない

ここで分かるとおり、逆ウォッチ曲線は株価下降の局面、つまり

⑥⑦⑧で「出来高が少ない」

のですよね。

ということは下げは「本気の下げ」(笑)ではない。

逆ウォッチ曲線は基本的に、

「レンジ相場」

「調整を入れつつ上昇する」

ときの値動きと言えます。

だから、出来高が減り始めても株価は下がらない、というケースもあります。

チャートの形を見ると、波を描くのではなく、階段のように上がっていくタイプですね。これは非常に強い値動きといえます。

ということで。

改めて出来高を見てみますと、

「なんで今までこれを軽視してきたの!?」

と不思議に思ってしまうくらい大事なのがわかりました。

これからは忘れずに、出来高もチェックしていこうと思います。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ