上髭が長い?連続する?~仕手株であることもある

速水です。

ローソク足の「上ヒゲ」のことですが、特に長い上ヒゲのことです。ローソク本体の2倍以上あるんじゃないかという。

そういう上髭が出た時、その後どうなるのかなという話。

長い上ヒゲ2つのパターン

気にしなければならない上ヒゲとしては、2つのパターンがあるようです。

一つは「上げの上髭」ですね。こういうやつ。

uwahige2

で、も一つは、チャートが「ヨコヨコ」の動きの時に出てくる上髭。こういうやつです。

92264

上げの上髭~必ず下げるわけではないけど…

まず一つ目のパターンの場合。

株価が上げている時に長い上髭が出るケースですね。

こういうとき、その後、上に行くのか下に行くのかですけど、それはほとんど

五分五分

なのではないかということです。^^;

もちろん上げの勢いがあって、前日に大陽線などがあれば、

「1日内に調整した」

その結果の、上髭ということもあって、上昇継続となることもあります。

ただどちらにしろ、上昇中に長い上髭が出なかった時に比べると、

「下げる確率が増した」

というサインなので注意しておく必要があるでしょう。

大雑把に言えば、長い上髭が出なければ、次の日7割の確率で上昇継続だったところ、上髭が出て五分五分になった、という感じ。

連続した場合

もちろん、上昇途中の上髭でも・・・

これが「連続」で出た場合は、より短い時間軸で確認すれば、

「ダブルトップ」

とか

「三尊」
「ヘッドアンドショルダー」

という形になっているでしょうから、「下げ」の確率が高まっていきます。

大口資金が入った?

次に二つ目の、

「ヨコヨコの動きの時に出てくる上髭」

の場合。

チャートの例を見ても、ずーっと株価はヨコヨコで、ところどころ出来高を伴って長い上髭が形成されていますね。

こういう場合、よく言われるのが

「大口資金が入ったんじゃないか」
「仕手が買い集めてるんじゃないか」

ということです。

で、例として出した銘柄はどうもそのパターンらしく、最近になって株価が急騰しています。

時々ドーンと、出来高とともに上髭が伸びていますが、この時に大きく買いを入れたのではないかと。

で、その後はしばらく間をあけて、ほとぼりを冷ますということですね。

そしてしばらく冷ましたらまたドーンと。

それで十分に買い集めたところで、本格的に上げようというわけです。

ということで、こういうパターンのチャートをたくさん見つけておいて、監視しておくのもいいのかもしれません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ