単にGoogleでキーワードの検索回数を調べるだけではダメで…

速水です。

「上位表示されているのにアクセスが少ない」

という相談をいただくことがあります。

これはもう

「検索されている回数が少ない」

ということです。

なので前もって検索回数を調べることもできます。

キーワードプランナーです。

キーワードプランナーの使い方

ただですね・・・

大雑把な検索回数しかわからない

昔はここで、細かい数字もわかっていたんですけど、いまは大雑把な数字しかわからないように変更されちゃっています。^^;

細かい数字を知るにはお金を出さなくてはならないようです。

つまり、グーグルアドワーズに広告を出稿することで、初めて細かい数字を見られるようになります

わからなくても困らない

でも、細かくわからなくてもそれほど困ることはないと思います。

たとえば月間検索回数

「1000~1万」

とかだと

「かなり多いな」

という感じですし、

「100~1000」

とかでも、

「試しに作ってみよう」

と思えます。

100未満であっても、

  • ライバルがほとんどいない
  • 成約率は高そう

というキーワードなら

「是非作ろう」

ということになります。

つまり、キーワードプランナーで月間検索回数を見ると言っても、もともとそこまで細かい数字は見ていなかったんですね。

関連ワードやサジェストワードだけでも戦える

もっと手を抜いて^^;

関連キーワードやサジェストワードに表示されているだけ

「採用」

とすることもあります。

ちなみに、関連キーワードというのは、Googleで検索した時、検索結果画面の下の方とか上の方とかに表示されている複合キーワードです。

サジェストワードというのは、検索窓に言葉を打ち込んだ瞬間に表示されるものですね。

それを確認しただけで、キーワードとして採用することもあります。

だから、細かい数字がわからなくなったとはいえ、まだまだ無料でもすごく役立つツールだと思いますよ。

検索回数だけ見ても仕方ない

ここで大事なのは、検索回数だけ見ることではなく、上述したように、「成約率」も考えてみることです。

そうして「狙いやすい」ところを狙うべし、ということです。

つまり、

①検索回数大×成約率高…ライバル強そう
②検索回数大×成約率低…アドセンス向き
③検索回数小×成約率高…ASPアフィリ向き
④検索回数小×成約率低…よほどネタに困ったら^^;

という感じになります。

もちろん、①のタイプのキーワードでライバルがほとんどいないものを見つければ、これは「お宝キーワード」ということになりますが、めったにないでしょう。^^;

②のタイプであっても、訪問者の属性を考えて、何かふさわしいアフィリ案件を見つけることができれば「お宝」になり得ます

「ずらしキーワード」というやつですね。

通常、私たち「ごく普通」のアフィリエイターは③のタイプを狙うことが多くなると思います。

③のタイプでももちろん、「ずらし」「変化球」の発想は有効です。

④はどうでしょうね・・・コピーライティングのスキルが高ければ、ここでもそれなりに成約がとれるのかもしれません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ