【本当の見方使い方】RSIとは~計算式、設定期間、ダイバージェンスに関する誤解

速水です。

まずRSIに関する一般的な説明。次にあまり知られていない(かも知れない)説明をします。

RSIは「Relative Strength Index(相対力指数)」の略です。

RSIの計算式と設定期間

こう書くとなんだか御大層なもののように思えますけど、計算式自体は単純です。

A=指定期間内の値上がり幅の合計
B=指定期間内の値下がり幅の合計

とすると、

RSI=A/(A+B)*100

となります。つまり、値上がり幅と値下がり幅の合計のうち、値上がりが何%を占めるか、という数字ですね。

だからその数値はゼロから100までとなります。

次に設定期間ですが、短期では14日、中長期ではその3倍の42日、週足であれば9週、13週を用いることが多いです。

一般的な見方

RSIの見方として最もポピュラーなのが「オシレーター」として見る使い方です。つまり「買われすぎ、売られすぎ」を判断する材料。

たとえば、RSIが70~80より上になったら「買われすぎ」を疑い、30~20より下になったら「売られすぎ」を疑うということ。

でもこれ、RSIだけ見て判断していると大失敗に終わることも多いです。^^;

たとえば、RSIが0近くになったからと言って、

「よし、ここから反転するに違いない、逆張りだ」

なんて買いで入ったけど・・・そのまま株価は落ち続ける、RSIは0に張り付き・・・ということもよくあります。^^;

これは、RSIがゼロに近いということは、指定期間内でほとんど値下がりしているということで、つまりは「強い下降トレンド」かもしれないということだからです。

なので、以上のような使い方をする場合は、ローソク足が上昇トレンドを描いているのを確認して、その「押し目」を狙うために利用する、というのがよさそうです。

節目を意識した見方

もう一つ、あまり知られていないかもしれない使い方としては、

「RSIの節目を意識する」

というものです。

つまり、ローソク足を見るときと同じように、RSIのグラフの高値と安値にも水平線を入れ、それをレジストライン、サポートラインと考えます

そして、RSIがレジストラインをブレイクしたら「上げ」、サポートラインをブレイクしたら「下げ」と考える、という使い方。

この使い方であれば、最初に紹介した、単純に「80%以上、20%以下を見る」使い方のように「はりつけ」にあう心配はありませんね。

一般的なダイバージェンスの見方

最後に「ダイバージェンス」について。

ダイバージェンスというのは日本語で「分岐」という意味ですが、テクニカルにおいては、

「株価とそれ以外のテクニカル指標が逆方向へ進む」

ことを意味します。

ここではRSIを扱っていますので、株価は上がっているのにRSIは下がっている、または株価は下がっているのにRSIは上がっていることを指します。

この場合、

「トレンド転換の予兆」

とされることが多いです。

すこし変わった見方

ただもう少し詳しく見ていくと、RSIがレンジ内で動いている場合と、上昇・下降いずれかの方向性を持っている場合があります。

RSIがレンジ内で動いていて、ローソク足チャートが上下いずれかに向かっている場合は、通常のダイバージェンスと考えられます。

一方、RSIが上下いずれかの方向性を持っているにもかかわらず、ローソク足チャートがこれを逆の方向に向かっている場合は「リバーサル」と呼ぶこともあります。

たとえば、RSIがサポートラインを下に抜けているにも関わらず、ローソク足チャートの方はどんどん上昇している、といった場合です。

この場合は、

「RSIが下に引き込もうとしているのに、ローソク足チャートはそれを振り切って上昇している」

ということで、トレンドが転換するどころか、かえって「強いトレンドが発生している」ということもあります。

だから安易に、「ダイバージェンス=トレンド転換」と考えることはできません。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ