【株チャート】サイコロジカルラインとは~計算式、見方使い方、RSIとの違い

速水です。

個人的には「サイコロジカルライン」ほど「名前負け」しているテクニカルもないんじゃないかと思っています。^^;

いや、だからといって「使えない」というわけではありませんが。

サイコロジカルラインの計算式は超単純

「名前負け」と思う理由は、サイコロジカルラインの計算式にあります。

サイコロジカルライン=n日間の内上昇した日÷n×100(%)

これが計算式。たったこれだけ。どこが「サイコロジカル(心理的)」なの。^^;

設定期間内で何日(週足なら何週)株価が上昇したかを、パーセンテージで示しただけです。

12日で利用されることが多いので、n=12として見てみると一層わかりやすいと思います。

12日中、12日全部上昇すれば、サイコロジカルラインは100%。

12日中、6日上昇すればサイコロジカルラインは50%。

単純でしょ。

どこが「サイコロジカル(心理的)」…

サイコロジカルラインはよく、

「投資家の心理を数値化した」

なんてもっともらしい説明がされていますが、中身はこんなものです。単に上がった日数の割合を示しているだけ。

これで「心理を数値化」といえるなら、テクニカル指標はすべて「心理を数値化」しているといえそうです。

でも単純なだけに理解しやすく、扱いやすいと感じます。

だってテクニカルって・・・無駄に複雑な数式をこねくり回して、数値を出しているようなものって多いですよね?

そんな複雑なことをして、意味あるの?っていうやつ。

その複雑さって、ハッタリなんじゃないの?というパターン。(笑

ああいうのにくらべると、サイコロジカルラインのほうが信用できる感じです。(笑

サイコロジカルラインの見方と注意点

見方も単純で、100に近ければ「買われ過ぎなんじゃないの?」、0に近ければ「売られ過ぎなんじゃないの?」と疑ってみるだけのことです。

もちろんほかのオシレーターと同様、これだけ見てトレードすることは危険です。

例えば強い上昇トレンドが出ているときは、サイコロジカルが100になることだって珍しくありません。

でもそれをみて、

「サイコロジカル100%だ! 買われすぎだ! 売ろう」

なんて判断すると・・・それは失敗に終わってしまいます。

またサイコロジカルが同じでも、値動きの「中身」は全く違い場合もあります。

たとえば同じ「サイコロジカル=50%」だとしても・・・・

上げ→下げ→上げ→下げ→・・・

と1日おきに繰り返している場合と、

下げ×6日間のち上げ×6日間

では、まったく意味が違いますよね。

前者はヨコヨコだけど、後者は「トレンド転換じゃないの?」という場面です。

ということで、サイコロジカルラインだけ見ていても意味はありません。

やはりローソク足チャートといっしょに見て、利用していくこととなります。

サイコロジカルラインとRSIの違い

最後に、RSIとの違いです。

【本当の見方使い方】RSIとは~計算式、設定期間、ダイバージェンスに関する誤解

RSIもサイコロジカルラインと似たようなテクニカル指標ですが、計算方法は違います。

サイコロジカルラインは「上か、下か」だけで計算していますが、RSIは「何円上がったか」という値幅で計算しています。

値幅に着目している分、「サイコロジカルラインよりもRSIのほうが信用できる」という人は多いです。

確かに、サイコロジカルラインのように「上か、下か」だけでは、RSIのような節目を意識した利用法は難しいかもしれませんね。^^

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ