【低勝率の理由】株を決算前に買って持ち越し

速水です。

株を決算前に買って、決算を持ち越すのは

「決算ギャンブル」

なんて言われることがあります。

勝率は低い

そんな名前で呼ばれるくらいなので、勝った場合は大きく儲かるわけですけど、勝率は決して高くないんです。

なぜ株の決算持ち越しは勝率が低いのか?

これは・・・

決算翌日に、株価が窓をあけて上昇したり、ストップ高になったりするためには、トレーダーの期待を大きく上回らないといけません

ところが、大きな期待を寄せられるような株は、すでに株価が十分高くなっている場合がほとんどなんです。

つまりもう株価に「織り込まれている」と。

決算持ち越しで勝つためには、すでに織り込まれている期待を、さらに上回るような結果を出さねばならないということです。

期待を上回るのは難しい

もし、決算の内容が良くても、トレーダーの思った通りのものであった場合、

「びっくりするほどでもないなぁ」

なんて思われて、「材料出尽くし」なんて言われて(笑)、下がることも多いです。

思っていたより良い決算でも

「まあこれくらいだよね~」

なんて思われて、大して株価が動かないこともあります。

ということは、決算の内容が、「普通」「悪い」とかだともう、株価は急落して当然ということになります。

以上のような事情ですので・・・

決算持ち越しは決して割の良い勝負ではないんです。

だから、よほど自信がある場合を除いては、決算持ち越しはしないのが普通、ということになります。

長期投資なら話は別

ただこれ・・・

特定の銘柄を長期的に持っているつもりなら、決算前にいちいち売り払う、ということはしないのが普通でしょう。

なぜなら、長期的には株価は業績に見合ったものになるからです。

決算前後の上げ下げは、短期トレードをしている人にとっては大きな動きに見えますが、長期的な視点でやっている人にとっては「小さな波」ということになりそうです。

もちろん、長期投資をしている人も決算を重視するのは同じですが、決算前後の「感情的」な動きにはつきあわない、ということですね。

決算直後を狙う

さて。

決算後に下がることが多いなら・・・しかも、決算が良くても下がることがあるなら、それを利用する方法もあって良さそうですよね。

実際そういうタイミングを狙う人も多いです。

決算がよかったにも関わらず「期待を大きく上回ったわけではない」という理由で下げた場合・・・一時的な下げに終わることが多いからです。

そういう下げ、下へのオーバーシュートの際に買えば、良い銘柄を安く買うこともできるというわけです。

ということですので、少なくとも短期的な目線の場合は、決算前に買うよりも、決算直後を狙ったほうが有利なんじゃないかな、と思った次第。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ