PIVOT(ピボット)分析手法とは~サポート、レジスタンスラインの使い方、計算【株、FXテクニカル】

速水です。

PIVOT(ピボット)というのは、前日の「高値」「安値」「終値」を根拠に、その日の値動きの目安を設定するテクニカル指標です。

ピボットを簡単に言うと…

簡単に言うと、

「昨日これくらいの値動きだったから…」
「今日はこれくらいの範囲で値が動くだろうな」

というもの。

特に難しい計算はせずに算出できるので、先に計算式を見たほうがわかりやすいかもしれません。

ピボットの計算方法

Hを前日高値、Lを前日安値、Cを前日終値とします。

P(ピボットプライス)=(H+L+C)÷3

Pは要するに3つの値の平均ですね。^^

D1=H-P…平均と高値の差
D2=P-L…平均と安値の差
D3=H-L…高値と安値の差

とすると、ピボットの各ラインの計算式は次のようになります。

  • HBOP(High Break Out Price)=P+D2+D3
  • R2(上値抵抗2:レジスタンス)=P+D3
  • R1(上値抵抗1:レジスタンス)=P+D2
  • ピボット(P)=(H+L+C)÷3
  • S1(下値支持1:サポート)=P-D1
  • S2(下値支持2:サポート)=P-D3
  • LBOP(Low Break Out Price)=P-D1-D3

各ラインは単純な名称

それぞれのラインの呼び名は単純にできていますね。

Rはレジスタンスで、Sはサポート、という解釈で良さそうです。

HBOPとLBOPは、ほとんどそのままの意味ですね。

ピボットをわかりやすくイメージすると…

たとえば。

R1は上値抵抗線1ということですが、これは平均であるPに、前日の「平均と安値の差」を足したものとなっています。

つまり、前日下に振れた分が、次の日の上の抵抗線とされているわけです。

ということは、前日深く潜れば潜るほど、次の日の上値抵抗線は高くなります

S1はその逆になっていますよね。

前日高く飛び上がれば飛び上がるほど、次の日の下値支持線は低くなります

つまりピボットの各ラインは。

前の日に思いっきりしゃがんで、次の日にジャンプした高さがRのライン。

前の日に思いっきり飛び上がって、次の日ダイブした低さがSのライン。

とイメージすることができます。

ただ、「どれくらいしゃがんだか」「どれくらい飛び上がったか」は平均=Pから計算しますので・・・

「終値」が高くなれば平均Pも高くなって、飛び上がった高さより、しゃがんだ低さのほうが大きくなるでしょう。

つまり次の日に大きくジャンプしやすいです。

逆の場合は逆になります。(笑

ゴムバンドをイメージしても良さそうですね。

前の日にグーンと長く引っ張るほど、次の日の反対側への反動が大きいと。

ピボットとはそういうイメージです。

ピボットの使い方

それぞれの使い方はもう、その名前に示されています。

つまり、サポートとして使う、レジスタンスとして使うということ。

「そのラインから反転するだろう」
「突き抜けたら損切り、またはブレイクアウトを狙う」

ということになります。

ここまでは、「1日の値動き」の目安にするために、日足をもとに計算してきましたけど、分足や時間足、週足をもとに計算することもできます。

その場合は、「前の足を参考に、次の足の変動幅の目安を設定する」ということになりますね。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ