SEOに強い中古ドメインの簡易判定法

速水鏡のネット副業無料メール講座

速水です。

中古ドメインのパワーを利用して上位表示させようというのは、ホワイトハットSEOとはいい難いですので、当ブログでは推奨しませんが・・・

しかし、知りたい人もいるでしょうから、強い中古ドメインの簡易判定法を説明しておきましょう。

まずは中古ドメインを複数購入

中古ドメインを自分で探す方法もありますが、それは現状あまりにも効率が悪いですので、中古ドメイン販売業者から購入することになります。

一般的に、古いドメインのほうがよく、バックリンクもたくさんついている方が良いですが、そこは業者さんがランク分けして値段をつけていることでしょう。

なので高価な中古ドメインほど大きなパワーを期待できる、ということになります。

ただ肝心なのは・・・

高ければ絶対に強いかというと、そうではないということです。

オーディション

結局のところ、「使ってみなければわからない」のが中古ドメインです。

だから中古ドメインを使う人は、一度にたくさん購入して「オーディション」を行います。

つまり実際にそれで簡易なサイトを作ってみて、一番強かったものをメインサイトとし、残りをバックリンク用サテライトサイトにする、という方法です。

でもそのために、一定の規模のサイトを作るのって大変ですよね。中古ドメインを10個買ったら10個のサイトを作らねばなりません。

そこでそれが難しいという人のために・・・今回紹介するようなやり方があります。

存在しないキーワード?

どうするのかというと。

まず、タイトルに「存在しないキーワード」を入れます。

たとえば「じれゃしぇぐはにゎもぉぴじふぞどつち」とか。(笑

存在しない言葉。

これならライバルはいませんよね? いたらびっくりします。(笑(笑

それで、中古ドメインを使って1ページだけのサイトを作ってみます。ペラサイトで、内容は400文字程度で同じようなことを書いておきます。

中古ドメイン10個買ったとしたら、400文字×10ほど作ればいいだけなので楽勝です。

それらを同じ日にサーバーにアップして、適当に作った無料ブログから、10個すべてにリンクを送ります。

インデックスさせるためです。

するとどうなるか?

(買った中で)最強のドメインを特定

存在しないキーワードでサイトを作っているので、10のサイトが検索結果1ページ目を独占するはずです。

中でも1位に出てきた中古ドメインが最も強い、ということになります。

何日か様子を見て、1位が定まったら、そのドメインが「最強」ということで、メインサイト用のドメインとします。

あとは急いで、狙ったキーワードでサイトを作っていくだけですね。今度はしっかりと作っていきます。

ということなのですが・・・

中古ドメインはハイリスクなので…

結局のところ、「使ってみるまでわからない」ということですし、複数購入する必要もあるわけですね。

で、その中に当たりがあればラッキーですが、なかったらと考えると・・・なかなか手を出しづらいのではないでしょうか。

その上、うまく行ったとしてもホワイトハットSEOではありませんから、いつペナルティを受ける分からない状態です。

これを実行できるのは・・・ハズレのリスクとかペナルティリスク、そういうものをすべて計算に入れて、それでも利益が出せる自信がある人だけなんじゃないでしょうか。

私はとても、やろうという気にはなれません。^^;

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための
「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ