アフィリエイトキーワード~Googleでの検索数を調べるだけでいいの?

速水です。

アフィリエイトキーワードの選定には色々な考え方がありますが
前回紹介したGoogleキーワードプランナーで検索数を調べて
それを参考にするというのは有力な方法の一つです。

Googleキーワードプランナーの使い方

アフィリエイトキーワードの検索数だけ見ていると落とし穴に…

Googleキーワードプランナーを利用すれば
おおよその月間検索回数がわかるわけですけど、
でも、これで調べて単に検索数の多いものを
ブログ記事のタイトルにすればいいというものではありませんよね。

たとえば「アフィリエイト」という単一キーワード。

これだと確かに検索回数が多いです。

ですので、ライバルも非常に多いことになります。

「アフィリエイト」という単一のキーワードで
上位表示させるのは至難の業と言っていいでしょう。

それに「アフィリエイト」をアフィリエイトキーワードとして
自分のサイトを検索上位に表示させたとして、
その苦労に見合うだけの収入が得られるのでしょうか?

これはなかなか難しいと言えます。

そのキーワードを検索している人の意図は?

なぜなら「アフィリエイト」というキーワードで検索している人の意図がよくわかりません。

自分がアフィリエイトをしたいのか、
それともアフィリエイトに成功した人のことを知りたいのか、
それとも言葉の意味を調べているだけなのか・・・

アフィリエイトの方法を知りたいのか、メリットを知りたいのか、
弊害を知りたいのか、必要性を知りたいのか・・・

アフィリエイトをしたいとしても、
アドセンスをやりたいのか、物販をやりたいのか、
簡単な方法がいいのか、面倒でも収入が多くなる方法がいいのか・・・

さっぱりわかりません。

なので、Googleでの検索数が多いからといって、
そのキーワードで上位表示させても、
苦労が報われるとは限らないのです。

だからもっと、キーワードは絞り込んでいくべきなんですね。

絞り込めば、検索キーワードの意図がわかりやすくなる

キーワードを絞り込むとは、
具体的には複合キーワードを活用してくことになります。
そして組み合わせるキーワードが多いほど、
ターゲットは絞られるということになります。

たとえば、

「アフィリエイト 初心者 稼げる」

こういうキーワードですと、
ああ、初心者でも稼ぎやすいアフィリエイトの方法を知りたいんだな、
ということが推測できますよね。

そしてそこで初心者向けの情報教材を紹介すれば
成約しやすいということになります。

「アフィリエイト」という単一キーワードよりも
「アフィリエイト 初心者 稼げる」という複合キーワードは
Googleでの検索数ははるかに少ないです。

しかし成約率は高いものとなります。

そして大事なのは、キーワードを絞り込むほど、
ライバルは減っていくということです。

つまり上位表示が簡単になるということですね。

上位表示しやすく、成果もあがりやすいアフィリエイトキーワード

絞り込んだアフィリエイトキーワードは
グーグルでの検索数は少ない。
けれども上位表示しやすく成約率も高い。

ということですので下手に検索数の多いキーワードを狙うより
ずっと稼ぎやすいものになるわけです。

もちろん、他が同じ条件であるなら
Googleでの検索回数は多いに越したことはありませんけどね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ