SEO対策の歴史~変化に対応する必要はあるのか【その1】

速水です。

SEOの泥沼にはまらないためにということを前に書きました。

SEOとは何か

なぜこんなことを書いたのかというと、
検索エンジンのアルゴリズムとして
「変わりやすい」部分を追いかけても

結局徒労に終わってしまうからということでした。

ということでどれほど検索エンジンのロジックが変わってきたのか、
SEO対策の歴史を振り返ることで見ていきたいと思います。

もっとも、私がネットビジネスを始めたのは
2006年ですので、それ以前の詳しいことはわかりませんけど。

SEO対策の歴史1~黎明期

まず私がネットビジネスに参入する2006年以前の
SEO対策ですが、単にヤフーカテゴリーに登録したり、
あとはページにキーワードをつめ込んだりという方法
効果を発揮していたようです。

ヤフーカテゴリーというのはこういうものですが・・・

http://dir.yahoo.co.jp/

まあ、簡単にいえばリンク集ですね。
当時はヤフーカテゴリーのバックリンク効果を得るというより、
日本最大のリンク集だから人が集まるという理由で
ヤフーカテゴリー登録が有効性を持っていたようです。

あと、キーワード詰め込みに関しては・・・
これはかなりきわどいことが行われていたようですね。

文字の色を地の色と同じに、たとえば白などにしてしまって、
あとはそれを何百回も羅列するだけ。

完全に、検索エンジンのことしか意識していないSEO対策ですね。

そして当然、この方法はスパム認定されます。(笑

SEO対策の歴史2~バックリンクさえあればいい時代

次に、私がアフィリエイトを始めた2006年ころの話ですが、
このころはやたらと無料ブログが強かったです。

ですので無料ブログでサイトを作ればそれだけで稼げた、
という人もたくさんいました。

SEO対策としては、とにかくバックリンクの量が大事だと言われていました。

バックリンクというのは被リンクともいいますけど、
自分のサイトが、他のサイトからもらっているリンクのことです。

これが多いほどいいということで、
「100相互リンクをしましょう」ということも言われました。

また、SEO対策として単純にバックリンク用のサイトを増やして
そこから自分のメインのサイトへリンクを送る
という方法が流行りました。

それでひどいのは、リンク元となるサイトの質は問われないということです。
当時は天下のグーグルの性能もその程度だったんですね。

ただ単に、リンク元になるサイトに、
たくさんキーワードが含まれていればいい、という程度のもの。

「SEO対策の専門家」もこの程度だった

当時、自称「SEOの専門家」の方の
リンク元ブログを見せてもらったことがありますが、
単語をランダムに組み合わせただけの、
意味不明の文章がつめ込まれたものでした。

そういうサイトをツールで量産して、
そこからメインのサイトにリンクを送れば上位表示できたというわけです。

しかも、サブドメインが違えば被リンクとしてカウントされるということで、
一つだけ独自ドメインをとって、そこに数百のサブドメインを作って、
そのサブドメインサイトに意味不明の文章を突っ込み、
そこからリンクを送ることで上位表示させる、という人もいました。

ちなみにサブドメインとは・・・

サイトのURLってこうなっていますよね。

http://aaa.bbb.com/

この「aaa」の部分をサブドメインと呼びます。
「bbb.com」という独自ドメインさえとってしまえば、
サブドメインの部分は自分で好きなようにいくらでも作れるんです。

それを悪用(笑)してのSEO対策ということですね。

この方法はそのデタラメさにもかかわらず、
けっこう長い間通用していたようです。
まあそれでもいつの間にかダメになってしまいましたね。

さすがグーグルです。

SEO対策の歴史3~ヤフーの大穴

あ、グーグル、グーグルと言っていますけど、
当時はヤフーはヤフーで独自の検索エンジンを使っていました。

だからグーグルとヤフーで検索結果が違っていたんです。

それで、利用者としては日本ではヤフーのほうが圧倒的に多かったので
SEO対策をする人はヤフーをターゲットにすることがほとんどでした。

それで2006年だったか2007年だったか、
その頃のヤフーにはものすごい穴がありました。

それは「日本語ドメインを異常に高く評価してしまう」というものです。

日本語ドメインは現在のグーグルでも高評価を得やすいのですが
当時のヤフーはその比ではなく「バグ」じゃないかとさえ言われていました。

それで私も簡単に稼がせていただいた思い出があります。(笑

ただやはりヤフーも対策を打ってきて、
今度は反動と思えるほど日本語ドメインを「迫害」してきました。

そして私の収入も一気に減ってしまいました。(泣

まあ、そういう小手先のSEO対策は徒労に終わるという良い例ですね。

SEO対策の歴史4~ヤフー心と秋の空

その後ヤフーは、SEO対策を避けるためか、
定期的に検索アルゴリズムを変える、ローテーションさせる
という作戦に出ました。

それで多くのアフィリエイターが、
上位表示せきたと喜んでいたらサイトが消し飛んじゃった、
なんていう「悲劇」を体験し、胃や頭皮に大ダメージを受けたのでした・・・

さて。

さすがに「でたらめなサイト」からリンク送るという「SEO対策」は
スパムとされましたが、それ以後も「被リンクが多ければいい」
ということは変わりませんでした。


それで、リンクを送るときに大事なのが「アンカーテキスト」でした。

アンカーテキストというのは、
リンクとして表示される文字のことですね。

青い文字で、アンダーラインが引いてあったりするあれです。

・・・しかし長くなりましたので続きは次回の記事に回します。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ