ロングテールSEOとは~ロングテールキーワードを狙う方法

速水です。

ロングテールSEOというのはロングテールキーワードを狙った
サイト作成ということになりますが、
その具体的なやり方について説明していこうと思います。

ロングテールとは

まずそもそもロングテールとはということですが、
これはもともとSEO用語ではなくて、一般的なビジネス用語でした。

個々の商品とその販売数をグラフにすると、
このようになります。

ロングテール

縦軸が販売数で、横軸には個々の商品名が並ぶわけですね。

それで、グラフの左の商品ほど、たくさん売れるものです。
右の方は販売数が少ないものがずっと続いていますね。

この、販売数が少ない商品を表すグラフの部分を
その形から「ロングテール(長い尻尾)」と呼びます。

販売数の多い商品の方はさしずめ「ロングネック」と
いったところですね。

ロングテールを狙わないのが常識だった

それで従来の考え方としては、
特に実店舗での販売はそうですけど、
なるべく左側の、ロングネックの方の商品を扱う、
というのが常識でした。

実店舗の場合は物理的に面積が限られているので
その考え方は正しいんですね。

インターネットがロングテール戦略を可能にした

ところがインターネット販売となると、
商品の売り場は面積に制限されません。

売り場を増やしたければ
サイトのページを増やせばいいということで
ほぼ無限に増やせるということになります。

だから、販売数の少ない「ロングテール」の方の
商品を取り扱うことも容易なわけです。

ロングテールの部分は、一つひとつの商品の販売数は
少ないですが、多くの種類の商品を合わせれば
ロングネックに負けないくらいの販売数になります。

しかも、ロングネックの商品のように
ライバルが多くないわけです。

そういう考え方に基づいてネット販売を行うことで
有名になったのがあの「アマゾン」なんですね。
今では世界のアマゾンとなっています。

さて。

ロングテールSEOはロングテールキーワードを狙う

じゃあこのロングテールをSEOに当てはめると
どうなるのかということですね。

ロングテールSEOの場合は、
ロングテール商品という考え方ではなく
ロングテールキーワードを狙うということになります。

つまり、販売数ではなく検索数に注目するんです。
もちろん、そのキーワードの収益を考えてもいいのですが
それだと話がややこしくなるので
とりあえず検索数に注目します。

すると、ロングネックに当たるのが、
検索数の多いキーワードで、ライバルも多いものとなります。

そういうものとしては単一キーワードが代表的ですが、
まあ複合キーワードでも検索数の多いものはあります。

逆に、検索数の少ないキーワードがロングテールですね。
これは多くの場合、複合キーワードとなっています。
3語、4語と多くの単語を組み合わせたものが多いです。

そして、検索数の多いキーワードは、
ライバルが強いことがほとんどですので、
検索数の少ないロングテールキーワードを狙おう、
というのがロングテールSEOです。

ロングテールSEOではサイトのページ数は多くなる

1つのロングテールキーワードの検索数は少ないですから
サイトに多くのアクセスを集めようと思ったら
たくさんのロングテールキーワードを扱う必要があります。

ロングテールキーワードごとにページを作りますので
ロングテールSEOを意識しているサイトは
必然的にページ数が多くなります。

こうして、個々のページのアクセス数は少ないけど、
サイト全体でのアクセス数は多くしようという方法が
ロングテールSEOです。

ロングテールSEOのメリットは多い

そしてこの方法は、ロングテールキーワードだから
ライバルが弱い、ということ以外のメリットもあります。

それは必然的にページが多くなるということで、
ページが多い=サイトボリュームが大きい
というのは、グーグル検索に好まれる一要素です。

また、ページを多くするためには
更新を続けなければなりませんが、
長期間更新が続くということも
これまたグーグル検索に好まれる一要因となります。

さらに、ロングテールキーワードというのは
絞りこまれたキーワードですので、
検索者の意図を推測しやすいです。

ということはつまり、検索者の望むものを
提示しやすいということでもあり、
それはサイトへの滞在時間を増やします。

滞在時間が長いというのもまた、
グーグル検索に好まれる一要素です。

ロングテールSEOのメリットをまとめると以下のようになります。

・ライバルが弱いキーワードを狙える
・ページ数が多いサイトになる
・更新頻度の高いサイトになる
・滞在時間の長いサイトになる

このような理由から、ロングテールSEOというのは
王道とも言っていいほど、多くのアフィリエイターが
取り入れている方法となっています。

ロングテールSEOのやり方・ロングテールキーワードの探し方

さて、具体的なやり方としては、
複合キーワードを狙っていく方法が一般的です。

たとえばグーグル検索で、

「ダイエット」と検索してみると、
検索結果の下の方に、

「ダイエット レシピ」
「ダイエット 方法」
「酵素ダイエット」

など、いくつかの複合キーワードが表示されます。
こういうキーワードをタイトルにして
個別ページを作っていくということですね。

ただ、ダイエットの場合、2語の複合キーワードだと
まだまだロングテールとはいえませんので
もっと深く掘っていく必要がありますけどね。

たとえば上記の「ダイエット 方法」を更に検索してみると、

「太ももダイエット方法」
「骨盤ダイエット方法」
「産後ダイエット方法」

など、こんどは3語の組み合わせがたくさん出てきました。
こうやって複合キーワードを深く掘っていって、
「もう掘れない」というところまで調査していくというのも
ロングテールキーワードを見つける方法の一つです。

あとはグーグルでもヤフーでも、
検索したい言葉を検索窓に入れると、
検索窓のすぐ下に「候補キーワード」が表示されますよね。

これを利用するというのもいい方法です。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ