WordPress大規模サイトのページ数とSEO

速水です。

被リンクを張り巡らせる従来型のSEOは
グーグル検索の変化の影響で困難になりました。

もちろん不可能ではありませんが
それは資金と情報を併せ持つSEOエキスパートにしか
できないこととなってしまいました。

WordPress大規模サイトSEOその1~最高のSEOとは

それで現在はサイトの内容を充実させ、
訪問者の利益になるコンテンツを作ることこそ
私たちのような一般人が取り組む上で
最高のSEOだと考えられています。

こうなるともう、SEOと呼ぶ必要もないのかもしれませんが・・・。

WordPress大規模サイトSEOその2~個人アフィリエイターでも簡単に実践できる

さて、私たちのように個人でアフィリエイトを実践している者が
大規模サイトを作る場合、最も便利なのはWordPressですね。

サーバーさえ借りればWordPress自体は無料で使うこともできますし、
インストールも自動というところが多いですので、
WordPressによって極めて簡単に大規模サイトが
構築できてしまいます。

まあ「簡単」というのは、その「手順が」という意味ですけど。
もちろん大量の記事を書くというのは、
地道な努力が必要になりますね。

でも現在はその努力が報われる環境にあります。

WordPress大規模サイトSEOその3~グーグルの進化の結果

昔のように複雑怪奇な被リンクルールを守りつつ
リンクを張り巡らせたサイト群を作る、というのに比べれば、

一つのWordPressブログにコツコツと記事をアップしていくだけで
SEO的にも強いサイトができてしまいますので
非常に楽になったといえます。

グーグルの進化万々歳ですね。

WordPress大規模サイトSEOその4~ページ数

それでは、SEO的に強いサイトは、
どれくらい大規模であるべきなのでしょうか?

まあこれは、人それぞれ考えがあるわけですが、
大規模というからには最低300ページは超えているべきでしょう。

1日たった1ページでも10カ月で達成できる数字です。

でも理想を言えば、1日3記事程度アップして
1年で1000ページを超えるサイトを構築したいところですね。

これなら非常に強いサイトとなると考えられます。

ただしそれには条件があります。

WordPress大規模サイトSEOその5~ただページ数を増やせばよいわけではない

まず、無内容な文章で単にページを増やしても
意味がないということです。

これは私自身がやってみて確かめたことです。

具体的にどういうことをして確かめたかというのは
またの機会にお話ししましょう。

WordPressブログに記事をアップしていく場合、
記事タイトルにはロングテールキーワードを入れていくべきですよね。

ロングテールキーワードとは

それで、記事内容は当然、
そのタイトルを反映したものでなくてはなりません。

つまり、そのキーワードを検索してきた人が
読みたくなるような内容でなければなりません。

そうでなければ、訪問者はすぐに前のページ、
つまりグーグルの検索結果に戻ってしまいます。

「直帰率の高いサイト」になってしまいます。

そういうサイトはグーグルの評価が徐々に落ちていきます。

逆に、訪問者が求めている内容が書かれているサイトは、
訪問者の滞在時間が長くなります。

そういうサイトはグーグルの評価も高くなります。

ですので、WordPressで大規模サイトを作る場合、
訪問者がより長く滞在したくなるように、
ということを常に意識しておく必要があります。

それこそがWordPressで大規模サイトを作っていく場合の
最高のSEOとなることでしょう。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ