大規模サイトのページ数とSEO~個人的な検証

速水です。

前回の記事でページ数の多い大規模サイトのSEOについて
「ダメなやり方」を個人的に確かめたなんてことを言いました。

それで、無内容なページを増やしても、
大規模サイトのSEOにはならないよ、
という結論を得たということでしたね。

そこで今回は、私がどんな検証をしたのかを
書いてみようと思います。


・・・と言っても、当初は大規模サイトSEOの
検証のつもりではなく、「うまくいく」と思って
やったのですけどね。^^;

大規模サイトSEOの検証その1~地名を利用した複合キーワード

それで、記事タイトルに入れるべき大量のキーワードを
すぐに用意できるといえば地名を組み合わせたものです。

たとえば「看護師求人 東京都」とか、
そんな感じの複合キーワードですね。

「東京都」の部分を他の地名に変えれば、
あっという間に数千のキーワードができてしまいます。

で、その時の大規模サイトは、記事を手書きしましたので
一気に数千ものページを作ることはできませんでした。

それでも300ページ程度を手書きしたわけです。
1ページあたりの文字数は800文字以上と決めていました。


大規模サイトSEOの検証その2~成功すると思っていた

それだけ聞くと、SEO的に強い大規模サイトが
できたんじゃないかと思いますよね。

全部手書き記事ですし。

ところが、タイトルに地名が入っているのに
その地域の情報は記事の中に少ししか入れていなかったんですね。


たとえば800文字中150文字くらい。

それで残りの650文字くらいは、
「看護師」に関する一般的な話をただただ書いているという記事です。


つまり、記事タイトルと記事内容がマッチしていなかったわけです。

たとえば「看護師求人 東京都」で検索してきた人は
東京都の看護師求人情報を知りたいはずですが、
記事内容は看護師の仕事に関する一般的な話題となっているわけです。

検索してきた人にとってそんな記事は意味がないから
私のサイトからすぐに出ていってしまうわけですよね。

その結果、グーグルの評価も下がることになります。

大規模サイトSEOの検証その3~無意味な努力

でも私はうまくいくと信じて地道に書き続けたのですね。
記事タイトルとマッチしていない記事を、800文字以上!
300記事近くも!

それで、途中からアクセスは増えてきたので
これはこのままいけばアクセスの多い大規模サイトができるな、
と思って張り切って記事を追加していったわけですが・・・

だんだんアクセスが減ってきて
そのうちほとんどアクセスは消えてしまいました。

その後いくら記事を追加してもアクセスは復活しませんでした。


手書きで頑張って記事を書いたにもかかわらず、
すべて徒労に終わったということですね。

記事タイトルと記事内容がマッチしていなかったばっかりに!

まあ、いくら大規模サイトを作っても
そういう記事ではSEO的にマイナスなんだよ、
ということがわかったのだから、徒労ともいいきれませんけどね。(笑

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ