フロントエンド商材、バックエンド商材とは~バックエンド=悪イメージの理由

速水です。

バックエンド商材というと、一部の高額塾がこれを悪用したせいで
イメージの悪いものになっていますね。

「バックエンドがある=詐欺」
のようなイメージまで持たれてしまっていますが、
本来はバックエンド商材とはそういうものではありません。

フロントエンド商材とは

まず、フロントエンド商材というのは、
その販売者が持っている商品に興味を持ってくれるような人、
つまり「見込み客」を集めるためのものです。

そして、そのフロントエンド商材を使ってもらって、
気に入ってくれた人に「さらにこういうものがありますよ」
という形でバックエンド商材を提案していきます。


ですのでフロントエンド商材というのは無料のことが多いですし
有料の場合も、安いことが多いですね。

ここでは利益は狙っていないんです。

フロントエンド商材は価値あるものでなくてはならない

しかも「使ってもらって気に入ってもらわなければならない」ですので
たとえ無料でもよいものを提供しなければなりません。

そうしなければバックエンドとして提案する商品に対して
「もっといい商品なんだろうな」と思ってもらえないからです。

「フロントエンド商材がこの程度なら
バックエンド商材もたかが知れてるね」
なんて思われたら困るわけです。

ですので売る側としてはフロントエンド商材に力を入れることになります。

バックエンド商材の悪用=バックエンド商法とは

ところが、一部の高額塾では、
まず高額な塾費用を払ってもらって塾に入ってもらいます。

そして高額なのですがこれがフロントエンドとなっています。

それはそれで別にかまわないんです。

問題なのは、申し込みをしてお金を払った人に対して
塾の内容も見せずにすぐさまバックエンドを売り込んでしまうことです。

たとえばあなたが、さんざん迷った挙句、
清水の舞台から飛び降りるようなつもりで
入塾費用10万円を払ったとします。

「これで稼げるようになる」と期待していたら、
10万円を払った直後に50万円のコースを売り込まれるわけですね。

しかも「このページを閉じたら二度と申込みできません」
などと強調してあるわけです。

そうでない場合もカウントダウンタイマーなんかが表示してあって
迫りくる締切を強調するわけです。

判断力を奪うバックエンド商品売り込み

こんなことをされるとあなたはどう思うでしょう?

「10万円ではすべてを教えてもらえないのか! 稼げないんじゃないか?」
「10万円を無駄にしないためにも50万円払わないといけないんじゃ・・・」

このように不安になるわけです。
しかしあなたのこの反応は「悪質な」バックエンド商法の思うつぼです。

不安にさせ、さらに期限を区切って焦らせることで
判断力をなくさせて50万円も払わせてしまいます。

フロントエンドとバックエンドの正しい使い方

本来であれば、フロントエンド商材たる10万円の塾で、
しっかりとノウハウ提供をして満足してもらったうえで
「さらに50万円のコースもありますよ」と提案すべきなんです。

それであれば、10万円のコースで成果を出せた人が
さらなる成果を期待して50万円のコースにも申し込む、
という望ましい流れを作ることができます。

ところが10万円を払った後、内容も見せないで
50万円のコースを短い期限付きで売り込むということは、
10万円のコースを体験してもらっても満足してもらえない
ということを自分から発表しているようなものです。

つまり10万円の方には価値がないと自ら認めているようなものです。


このようなことをするものが多いせいで、
「バックエンド」のイメージはすっかり悪くなってしまったのでした・・・。

ですのでやはり、よほどの確信がない限りは
ネットビジネスの高額塾には近づかないことをお勧めします。(経験者談^^;

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ