見出しタグ(h1,h2,h3)とSEO対策

速水です。

見出しタグは昔のSEO対策でも重視されていましたが
そのころは主に、狙っているキーワードを
検索エンジンに示すことが目的とされていました。

見出しタグとSEO対策その1~昔は単なるキーワード強調だったが…

だからh2タグとかh3タグなどに、
無理やりキーワードを詰め込むなんてことも行われました。

現在でもキーワードの強調目的で見出しタグは使われますが
今はそれよりもサイト訪問者のユーザビリティを上げるために
見出しタグは使われています。

検索エンジンと訪問者、どちらも意識されるのですが、
訪問者への意識が以前よりずっと大きくなった
ということですね。

ですので基本的には、
見出しタグの中にキーワードを入れつつも、
ページ内容の理解の助けとなることを
見出しタグの中に書くことになります。

見出しタグとSEO対策その2~もっと欲張るとすれば

さらに欲張るなら、訪問者が見出しタグを見たとき
「なんだこれ?」と興味を引けるような
言葉を入れられるといいですね。

サイトを訪問する人はまず、検索結果画面の
タイトルを見て、それで興味をひかれてサイトに来ます。

そのあとページをざっと見て、
「求めていることが書いてあるかな?」と
考える、というか感じ取るわけですが、
そのときに訪問者の目に入るのが見出しなんですよね。

中見出しとか小見出し。

それで興味をひかれればそのページを
本格的に読んでいくことになります。

ですので見出しタグの中に書く言葉というのは、
検索エンジン対策としても、ユーザビリティを上げるためにも、
また訪問者の興味を引くためにも役立ってくれるわけです。

つまり見出しタグのSEO対策的役割は、
非常に大きいということができます。

キーワードを検索エンジンに示し、
さらに訪問者の滞在時間を延ばすわけですから。

見出しタグとSEO対策その3~大見出し(h1)タグ

さてでは見出しタグ、h1・h2・h3の使い方の説明に入りましょう。

このページを例に説明した方がわかりやすいかもしれませんね。^^

本質のビジネスSEO術(戸田丈勝)~レビュー・評価と特典


まず、大見出しと言われるh1タグですが
これは1ページに1つでなければなりません。

1ページにたくさんのh1タグがあると、
検索エンジンは混乱してしまうといわれています。

上記のページではh1タグに書かれている文字はどれでしょう?

普通なら、
「東大法学部卒自由商人速水鏡のインターネット副業講座」
ということになりますけど、このページの場合、

「本質のビジネスSEO術(戸田丈勝)~レビュー・評価と特典」

これがh1タグに入っています。
タイトルタグに入っているのと同じ言葉です。

それでこれ、賢威テンプレートのデフォルト設定なんですね。
このページの最重要キーワードを、
タイトルタグとh1タグ両方に入れてしまっています。

見出しタグとSEO対策その4~中見出し・小見出し

次にh2タグの中に入っているのが記事タイトルです。

これまた、
「本質のビジネスSEO術(戸田丈勝)~レビュー・評価と特典」
なんですね。

ということは賢威テンプレートは、同じ言葉を
タイトルタグ、h1タグ、h2タグの
3か所に入れていることになります。

さてこのh2タグですが、これはh1タグと違って
1ページ中に複数あってもよいものです。

ただ上記のページではh2タグは一か所のみとなっています。

次に文章中に出てくる小見出しがh3タグで書かれたものです。

「本質のビジネスSEO術以前のSEO情報商材の運命」
とか
「本質のビジネスSEO術レビュー1~これがSEO?と思うかも」
というところですね。

見出しタグとSEO対策その5~見出しタグの基本的な使い方

それでこれら見出しタグのルールとしては、
以上のように順番に使わなければならない
ことになっています。

h1の次にh3を使ったりしてはだめだということですね。

ただ、稼いでいるアフィリエイターさんでも
文章中の見出しはh3を飛ばしてh4タグを使う
という人も多いですので、この点は特に大きな影響はないのでしょう。

基本的には以下のような使い方になります。

h1(1ページに一つ)
 h2
  h3
  h3
  h3
 h2
  h3
  h3
  h3

こんな感じですね。個数は適当です。^^;

ということでこの見出しタグは、
訪問者のためにもまた検索エンジンのためにも
有効に使っていきましょう。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ