日本人の貯金・平均貯蓄額に騙された話、気になる世代別平均は?

速水です。

先日、日本人の平均貯蓄額というのが発表されたようです。

総務庁の発表で、2013年の家計調査の結果とのこと。
ただし、一人あたりの平均ではなく、2人以上世帯のみを対象にした、
1世帯あたりの平均です。

さて、その結果ですが・・・驚くかもしれません。

日本人の平均貯蓄額に驚いた

なんと、日本人の1世帯平均貯蓄額は1739万円でした。

意外に多いと思いませんでしたか?
「いや、うちはそんなにないよ・・・」なんて思いませんでしたか?

やっぱり日本人って、不景気とかいいながら、
結構お金持ちなんでしょうか?

でも実際はこれ、「平均」の魔術のようです。
つまり、ほんの一部の世帯の貯蓄額がとんでもなく大きくて
平均を釣り上げているのですね。

平均貯蓄額より中央値を見てみると…

こういうのは、平均値を見るより中央値を見たほうが
私たちの「感覚」にっは合致するようですね。

中央値というのは、その名の通り、真ん中にいる人の貯蓄額です。

この度の総務省の貯蓄額調査は、
8000世帯が対象だそうですから、中央値というのは
上から数えて4000番目の世帯の貯金額ですね。

これは1023万円だそうです。

つまり、だいたいの数値では、日本の2人以上の世帯の半分は、
貯蓄額は1000万円以下ということになります。

貯蓄額100万円未満の世帯も1割

また、貯蓄額100万円未満の世帯が1割だそうです。
10世帯に1世帯は100万円未満の貯金しかありません。

それでも平均となると1739万円なのだから、
持っている人は持っているということで、
日本でも貧富の差が広がっているということですね。

「一億総中流」は過去の話になりそうです。

持っている人は持っている、
ということで、ではどの世代の人が持っているのでしょうか?

世代別の日本人平均貯蓄額

世代別の日本人の平均貯蓄額をみてみましょう。

これはまた別のデータになりますけど、
2人以上の世帯が対象になっています。
平成24年のデータです。

平均値(中央値)というふうに書いていきます。

20代:365万円(200万円)
30代:600万円(405万円)
40代:962万円(640万円)
50代:1524万円(900万円)
60代:2175万円(1398万円)

このとおりやはり、上の世代ほど貯蓄額は多くなります。

これを見ると、「若い世代が高齢者を支える」という話は
馬鹿げているのではないかと思ってしまいますよね。

しかもこれ、あくまで貯蓄額だけの話です。

不動産その他の資産も計算に入れれば、
もっとものすごい差になるはずです。

それでも若い世代の人は
これからも搾り取られ続けるのでしょう。

結局は自分の面倒は自分で見るしかありません。
国が私たちのことを考えてくれているとは思えませんので。

それでアフィリエイトなのですが。(笑

アフィリエイターの中には上記の平均貯蓄額を
毎月稼いでしまうような人もいます。

個人でできるビジネスとしては、
最高に期待値が高いといえるのではないでしょうか?

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ