Zの法則とFの法則~ホームページやチラシのデザインについて

速水です。

Zの法則、Fの法則というのを耳にしたことがあるかもしれません。

この2つの法則がごっちゃになっている人もいるかもしれませんが
特にごっちゃになっていても問題はありません。

Zの法則とFの法則の違い

まあZの法則とFの法則を厳密に分けるとするなら、
Zの法則の方はホームページなどウェブサイトにかぎらず
チラシやなどの紙媒体でも当てはまることで、
Fの法則の方はサイトに特に当てはまるものと言えそうです。

Zの法則については、あなたが本を読む時、
特にざっと目を通したいときなどに
そういう視線の動かし方をするのではないでしょうか。

Fの法則の方は特にサイトの場合、
ページが左右とか左右真ん中という具合に分割されているので
左の方に視線がよりがちになる、ということだと考えられます。

まあどちらにしても、ZやFの形に当てはまる部分が
よく「見られる」ということです。

なのでブログを作る時も、
その部分に特に見てもらいたい内容を持ってくる
というのは定石です。

Zの法則、Fの法則に共通する部分は特に大切

そして特に、Zの法則にもFの法則にも
共通する部分はページ上部ということになります。

まあ、当たり前のことかもしれませんが。

でも特にブログやウェブサイトの場合、
モニタによって視界が完全に限定されますので
このページ上部というのは決定的に重要です。

訪問者があなたのページを訪れた時に
まず目にする部分ですからね。

この部分で訪問者を引き止めることができなければ、
いくら検索結果で上位表示させても、
いくら広告費用を使って人を呼んでも、
全て無駄になってしまいます。

だから例えば、情報商材のセールスページを見てみると
ページ上部の部分で訪問者を引き止められるよう、
最大限の努力が払われていると思います。

例:下克上アフィリエイト

ページ上部は人の視線を惹きつけるだけではない

ウェブサイトやブログの場合、ページ上部というのは
訪問者を引き止める以外にもう一つ
大きな役割があります。

それは検索エンジンにそのページの内容を
認識してもらうということです。

つまりSEOですね。

ページ上部に、特に重視するキーワードを配置すれば
そのキーワードで上位表示がされやすくなります。

まあ、そんなに劇的に変わるわけじゃありませんけど、
やはり上に持ってきておいたほうがいいです。

ただし、不自然にならない範囲で、ですが。

それに、ページ上部の文章は、
「メタディスクリプション」として表示されることも
多いですから、その意味でも大事ですね。

メタディスクリプションについては
他でもない、グーグルが重視していますよと
自ら発表していますよね。

 検索エンジン最適化SEOクイックチェックシート~グーグル公式の発表

ということで、Zの法則とFの法則の説明でしたが、
特にページ上部が大事だよ、という話になっちゃいましたね。^^;

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ