トレンドアフィリエイトの外注化を考えるよりも…

速水です。

トレンドアフィリエイトはアフィリエイト初心者に
最適のアフィリエイト手法なのですけど、
それで稼げるようになったら・・・

次のステップが気になりますよね。

そこですぐに思い浮かぶこととしては
トレンドアフィリエイトの外注化です。

トレンドアフィリエイト自体を外注化しても利益は…

ただ、ここで注意しておかなければならないことがあります。

トレンドアフィリエイトの外注化を考える時は
トレンドアフィリエイト自体ではそれほど
稼ごうとしない、ということになるでしょう。

どういうことかといいますと、
まず、一時的にアクセスを集めるためだけの
記事を書いてもらっても、それはほとんど利益を生み出してくれません。

購入した記事は、その後長期間アクセスを集める役に立ってくれて
初めて「美味しい」といえるんです。

また、トレンド記事をライターさんに依頼するとなると
タイムラグがあって、トレンドを捉えきれないことが多いですし、
完全お任せでトレンド記事を書けるようなライターさんなら、
依頼を受けるのではなく自分でブログ運営をしようとするでしょう。

ではなぜ、そんな記事を
お金を払ってまで書いてもらうのかというと・・・

トレンドブログ外注化の意味

トレンドブログのように毎日更新されるブログは
SEO的な利用価値があるからです。

つまりそのブログからのリンクが
価値を持つということですね。

頻繁に更新されるサイトというのは
グーグルに評価されやすいですから。

普通の日記で、毎日更新されるだけでも
価値がありますので、その上そのブログが
トレンドブログとしていくらかの利益を産んでくれれば
それはさらに価値が増すということになります。


それでこれまでは、
そういう頻繁に更新されるブログの管理自体を
外注してしまうアフィリエイターが多かったんです。

トレンドアフィリエイト外注化は元が取りにくくなっていく

ただこれからは、そういった自作自演の被リンクの効果が
だんだん弱くなっていくのではないかと考えられます。

弱くなっていくどころか、
グーグルからペナルティを受ける危険が
高まる行為になってしまいます。

それでもう、トレンドアフィリエイト自体の
外注化は、「元が取れない」ということになるかもしれません。

では、トレンドアフィリエイトで稼げるようになった人の
次の一手はどうすればいいのか、ということですが・・・

大きく分けて2つのことが考えられます。

トレンドアフィリエイトの次の一手その1

一つは、そのまま本格的サイトアフィリエイトに
突き進んでいくことですね。

トレンドアフィリエイトで稼げたということは、
もうキーワード選定にも熟練しているわけですし、
記事の書き方も理解しているわけです。

その能力を活かして、永続的なアクセスを呼べるような
サイトを作っていくというわけです。

例えば一つの選択肢として、「パワーブログの育成」が
考えられますが、それについては下克上などにつけている
私の特典で解説しています。

下克上アフィリエイトレビュー

また、継続的なアクセスを狙うサイトであれば、
記事を外注しても、その記事が長期間働いてくれることになりますので
元を取るということも容易になってきますね。

なので外注を考えるならこの段階で考える、
というのがよさそうです。

トレンドアフィリエイトの次の一手その2

もう一つの進路としては、
トレンドアフィリエイトで稼げた実績を背景に、
当ブログのような情報商材アフィリエイトに踏み出すことです。

当ブログのようなアフィリエイトは、
何らかの実績がなければやりづらいものですが、
その実績としてトレンドアフィリエイトの収益を
利用できるというわけです。


アフィリエイトをやっているけど、
月1万円も稼げていないという人は多いですので、
トレンドアフィリエイトで月に5万円でも10万円でも稼げるというのは
素晴らしい実績と言ってもよいものですから。


ということで今回は、
トレンドアフィリエイトの次の一手を考えてみました。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ