Googleパンダアップデートとは?~その由来とSEO対策

速水です。

Googleの検索エンジンがパンダアップデートと呼ばれる
アルゴリズムの更新を行ったのはもう随分前のことで・・・
日本上陸は2012年の7月となっていますね。

パンダアップデートとは

パンダアップデートとは
どんなアルゴリズム更新だったのかというと
一言で言いますと無価値なページを
検索結果から排除してしまうものです。

よくあるパターンとしてはコピペで作ったページとか
ツールを使って自動生成したようなページですね。
あとは手書きでも内容の薄いページ

そういうもので、被リンクの力によって
無理やり上位表示させていたものは
検索結果から消し飛んでしまったようです。

たしかにそれ以前は、文章パーツを
ランダムに組み合わせるツールで
作ったような記事でも稼ぐことができていましたが、
パンダアップデートを機に、無理になってしまいました。

パンダアップデートで消し飛んだサイトの例

あと、パンダアップデートにやられてしまったサイトとしては
ショップサイトなどでよくあるパターンですが、
商品ページがたくさんあるようなサイトですね。

ほとんど写真しかなくて、あとは他の商品ページと共通の
「購入個数記入欄」とか「カートに入れるボタン」とか。

それだともう、Googleの検索エンジンから見ると
ほとんど同じページばかりに見えてしまいますので
「価値なし」とされてしまったというわけです。


私個人の経験はというと、
昔は「地名+○◯」というキーワードで
ペラサイトをたくさん作って稼いでたこともありましたけど
そういうサイトが全部消し飛んでしまいました。

たとえば「地名+過払い請求」とかですね。
地名の部分を変えればキーワードがいくらでも作れますよね。

そういう方法でペラサイトを量産したのですけど、
その内容が、手書きとはいえ似たようなものだったので、
パンダアップデートで消えてしまったのではないかと
思っています。

ただ、それだけでなく、
ほったらかしにしておいたので
その間にライバルが増えた、ということもあるでしょうけど。

「パンダアップデート」という呼称の由来

何故パンダアップデートと呼ばれるようになったか?
ということですけど、

「パンダは白と黒だから、白黒はっきりさせるという意味だ!」

なんて話もありますが、実は、アルゴリズム開発者の一人に
パンダさんという人がいて、その人の名前をとって
つけられたそうですね。^^

まあ、白黒はっきりさせる、という方が
私たちにはわかりやすいんですけど。

パンダアップデート対策

ではパンダアップデートでサイトの
検索順位が下がってしまった場合、
どんな対策を取ればいいかということですが・・・

これはある意味簡単です。

対策は一言で答えることができます。

「コンテンツを充実させること」

これだけです。

アルゴリズムによる順位変動ですので、
Googleウェブマスターツールから再審査を申し込んでも
意味がありません。

サイトコンテンツを充実させて、
再びGoogle検索エンジンにサイトが評価されるのを
待つだけです。


具体的な方法については
「本質のビジネスSEO術」にしっかり書いてあります。

本質のビジネスSEO術レビュー

例えば上記のような、
商品ページがたくさんあるサイトの場合
どうすればいいかということも語られています。

ということで「本質のビジネスSEO術」は
読んでおくべき教材だといえます。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ