ライバルサイトの被リンク数チェックツールは使うべきか

速水です。

あるアフィリエイトキーワードで
ライバルがどれくらいいるかというのは気になるところです。

それで、競合調査をするときに、
ライバルサイトの被リンクを調べるというのは
昔は常識とされていました。

それで、ライバルサイトの被リンクチェックツールにしても
今よりもずっと便利なものがありました。

でも今ではそのツールは使えなくなりました。

なぜならヤフーが被リンクを隠すようになったからで、
正確な被リンク情報がわからなくなってしまったからです。

現在用いられている被リンクチェックツールは正確か?

それで、現在被リンクチェックツールとして
使われているのはここが有名です。

http://hanasakigani.jp/

ここにしても正確な被リンク情報が表示されるわけではないですし、
ここに表示されているからといって、その被リンクが
グーグルに評価されているとは限りません。

なぜそんなことが言えるのかというと
グーグルウェブマスターツールを使えば
「自分のサイト」の被リンクは調べられるわけです。

ところがグーグルウェブマスターツールで調べた被リンクと
上記サイトで調べた被リンクは、違うことが珍しくありません。

なので、上記サイトでの調査結果を
それほど重視する必要もありません。


そもそも。

なぜライバルサイトの被リンクチェックが常識だったのか

ライバルサイトの被リンクチェックが
「昔は」常識とされていたのは、
そのころは被リンクの効果が絶大だったからです。

だからライバルサイトの被リンクを調べれば
そのキーワードで行けるのかどうか
ある程度は予測できたというわけです。

それでも「ある程度は」です。

自演の被リンクがほとんど評価されなくなり、
かつ被リンク自体の重要度も昔より下がった現在では、
被リンクによる予測はさらに不正確なものになっています。

「最悪のパターン」に陥る前に

ですので結局のところ、
被リンクチェックなどはしないほうがいいのかもしれません。

かなり時間を取られてしまいますからね。^^;

特に、アフィリエイト初心者の方の場合、
作業の中に被リンクチェックが加わることで
悩む要素が増えてしまって、それで肝心の
記事を書く手が止まってしまうということが考えられます。

それはもう、最悪パターンです。

グズグズ悩んでいる時間があったら、
同じ時間で1記事くらい書けてしまいますからね。^^


だから、ライバルチェックは
こちらの教材で紹介されているような・・・

下克上

簡易な方法にとどめて、
迷うくらいなら「試し打ち」のつもりで書いてみる
というスタンスがお勧めです。

そうしないと、いつまでたっても
サイトのコンテンツは増えていきません。

それはつまりサイトが強くならないということで、
結局いつまでたっても稼げないということになります。

まさに最悪のパターンですよね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ