WEBライターの単価は安いままか?生活はできるのか?

速水です。

副業としてWEBライターを考えている人もいると思いますが、
アフィリエイトを勉強する一環としてWEBライターは
おすすめできるということでした。

ただ、WEBライターの報酬単価って、安いですよね。^^;
これが安いままなのかということは気になるところです。

WEBライターの報酬単価が安い理由

あくまでも予想ですが、
これからはWEBライターの報酬単価は
高くなっていくのではないかと思われます。

その理由を以下に説明していきます。

WEBライターに記事を注文するのは
アフィリエイターが多いんです。

それで、ちょっと前までは、
WEBライターに外注する記事というのは、
質はそんなに問われなかったんですね。

日記のようなブログ更新だけでいいですよとか。
そうでなくても、サテライトサイト用の、
単なるリライト記事でよかったわけです。

ですのでこれ、誰にでもできました。

そのことが、報酬単価を安く引き下げていたと
考えられます。

グーグル検索エンジンの進化によって報酬も変わる?

ところが昨今、グーグル検索の進化が著しいですので、
そういう、誰でも書けるような簡単な記事で
サイトを構成すると、運が悪ければ
手動ペナルティを受けてしまう危険も出てきました。

外注記事とはいえ、
ある程度の「質」が必要になったんです。

それでこれからは、昔必要とされていたような
文字数があってキーワードが適当に含まれていればOK
という記事は注文されなくなるだろうと。

となりますとこれまでのように、
WEBライターは誰でもできます、
というようにはいかなくなってしまうでしょう。

それなりの記事作成スキルを持った人しか、
アフィリエイターの要求を満たすことが
できなくなってしまうわけです。

WEBライターの報酬単価は高くなっていく

ということは必然的に、
WEBライターの数は減ってしまいます。

WEBライターが減ったところに、アフィリエイターが
ある程度高品質な記事を注文するわけですので
単価を高くせざるをえません。

ある程度の記事執筆スキルを持った
WEBライターのところには仕事が
集まりやすくなるでしょうから。

なので、これまではWEBライターの報酬単価は安い、
これでは生活できない、という感じだったのが、
ある程度のスキルを持ったWEBライターであれば
とりあえず生活には困らないレベルに
変わるかもしれません。

それに対してアフィリエイターは、
外注のためにかかる費用が増えますので、
その記事でちゃんと利益が出せるのか、
これまで以上に厳しく見極めなければならない
ということになっていきそうですね。


といってもやはり、儲かるのはWEBライターよりも
アフィリエイターの方であるのは間違いないところです。

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ