ネットビジネスのおすすめ分野~なぜ「それ」がオススメなのか?

速水です。

以前、ネットビジネスにはどんなものがあるのか
知っておかなければ 詐欺に遭う危険度が高まる
ということをお話ししました。

ネットビジネスには以下のようなものがあります。

①アフィリエイト
②ドロップシッピング
③情報販売
④せどり・転売
⑤投資
⑥SOHO

最もおすすめできるネットビジネスは、これ

それで今回は、この中でどれが最もおすすめのネットビジネスか
そしてそれはなぜなのかということですね。

この中で私が最もおすすめするネットビジネスは、
なんといってもアフィリエイトです。

その理由を説明しましょう。

金銭的リスクゼロから始められる

まずアフィリエイトは、元手がほとんど必要ありません。
パソコンを使ってインターネットにアクセスできるなら
それでもう①のアフィリエイトというビジネスは始められます。

サイトを作るにしても、
最初のうちは無料ブログを使えばお金はかかりません。

この点、③④⑤は資金が必要になってしまいますので
大なり小なり金銭的リスクを覚悟しなければなりません。
資金に余裕がある人は、チャレンジしてみてもいいでしょう。

ドロップシッピングで失敗するわけ

あとは残った②⑥との比較ですね。

②のドロップシッピングはアフィリエイトに似ているのですが、
アフィリエイトの仕事は広告をクリックしてもらえば終わるのに対し、
ドロップシッピングは成約まで自力で持っていかなければなりません

また、ドロップシッピングは
商品の値段まで自分で決めることになりますが
これによって価格競争が起きてしまって、
利益を出すのが難しい状況になってしまっています。

ですので最近はドロップシッピングをやる人はあまりいません。

扱える商品の種類もアフィリエイトのほうが
比較にならないほど多いですので、 その点からしても、
アフィリエイトを捨てて ドロップシッピングを選ぶ理由はありません。

SOHOは時給労働になりがち

⑥のSOHOですが、これは初心者の方にはおすすめできます
(その重大な理由はメール講座でお話ししています。)
 ただ、普通にやっていては時給労働と変わりありませんので
すぐに収入的な限界が訪れます。

無在庫経営

上述したこと以外のアフィリエイトのメリットを 挙げてみましょう。

あたりまえのことですが、
アフィリエイトは 在庫を持つ必要がありません。
ということで在庫にコストを取られるということもありません。

販売者の販売力・商品力を利用できる

それから重要な点として、
アフィリエイトは「その時売れているもの」を売ればいい
ということが挙げられますね。

自分自身に販売力がなくても、
売れているものであれば、「こんなのありますよ」と
紹介するだけで売れるんです。

広告主の販売力に頼ることができます。

だからこそ、ネットビジネス初心者に
アフィリエイトはおすすめできるんです。

初心者のうちは、販売力なんてないのが普通です。
天才や、元々リアルビジネスをやっていた人ならともかく。

なので広告主の販売力や商品の魅力に頼ることができるというのは
すごくメリットが大きいんです。

見知らぬ人に見知らぬ商品を紹介されてもね…

たとえばあなたが、
健康に役立つサプリメントを探していたとしましょう。

そこに見知らぬ人が現れて
これ私が作ったサプリですよ、すごく体にいいからどうぞ
って勧めてきても・・・・

買いますか? 買いませんよねぇ。怖いです。(笑

でも、見知らぬ人が紹介したものが、
日本の大企業の人気サプリだったらどうでしょう?

こちらなら、買うかもしれませんよね。

アフィリエイトというのはこの後者のほうなんです。
そこに、大きなメリットがあるんです。

今回のまとめ

 最後にアフィリエイトのメリットをまとめておきましょう。

1.元手が不要
2.無在庫
3.広告主販売者の販売力や商品の魅力を利用できる

ということで今回はアフィリエイトのメリットについて
力説(笑)してみました。

そしてそのアフィリエイトで
無駄なく効率的にスキルを身につけていくための方法
無料メール講座でじっくりとお話ししています。

速水鏡のメール講座

 

 

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ