ページ表示速度とSEO~Googleはスピード重視?

速水です。

ワードプレスを用いている人の中には
ページの表示速度にすごくこだわっている人もいて、
プラグインを入れ替えてはページ表示速度を
細かく計測している人もいます。

もちろん、ページ表示速度が速いに越したことはありません。

ページ表示速度が遅いと直帰率は上がる

あなたもいろいろなサイトを閲覧するときに
ページの表示が遅いとイライラしてしまうことも
あると思います。

ページの表示速度が遅いせいで、
訪問者がブラウザの「戻る」ボタンを
クリックしてしまうことは珍しくありません。

そんなページでは成約率が低くなる一方
直帰率は上がってしまいます。

直帰率の高いサイトは
Googleの評価も下がってしまいます。

その点で既に、ページ表示速度は
SEO的に意味があるといえるのですが、
この場合は直帰率を介しての間接的な影響です。

Googleはページ表示速度自体も評価している

もっと直接的に、グーグル検索エンジンは
ページ表示速度を見ているのかどうか
ということも気になりますよね。

これに関しては、
グーグルははっきりと肯定しています。

つまり、ページ表示速度は
SEO上意味があるということです。

ただ、それほど大きな影響があるわけではありません。

アメリカでは、検索結果に与えた影響は
1%未満だったとのことです。

なぜグーグルがページ表示速度も
評価基準の一つとして取り入れているのか、
その理由ははっきりしています。

つまり最初に説明したような事情があるからです。
要するに、訪問者のユーザビリティ
考えてのことですね。

さて。

ワードプレスの欠点=ページ表示速度

このブログでも使わせてもらっているワードプレスですが、
ページ表示速度という点では少しだけ不利になっています。

なぜなら、ページファイルを先に作っておいて
サーバー上に置いておくのではなく、
アクセスが来た時点でページファイルを
生成する仕組みになっているからです。

なので、アクセスが集中した場合は
一度にたくさんのページを生成しなければならなくなって
表示が遅くなってしまうこともあります。

「それならワードプレスはやめよう」

なんて思ったあなた!

ちょっと待ってください。

ワードプレスの利点の一つとして
便利なプラグインが多いことが挙げられますが、
表示速度を改善するプラグインもあります。

例えば私が使っているのは、
「Quick Cache」というプラグインです。

基本的にインストールして有効化するだけで使えますので
簡単に導入できます。

有料版があるそうですけど
無料版で十分です。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ