WordPress~Quick Cache(クイックキャッシュ)設定と使い方

速水です。

前回の記事で、ページ表示速度を速くすることは
SEOにプラスに働くということを書きました。

ページ表示速度とSEO~Googleはスピード重視?

それで、ワードプレスの場合、
ページ表示速度という点ではちょっとだけ不利なので
ページ表示速度を早めるためのプラグインを使っている
ということをお話ししましたね。

そのプラグインというのが
Quick Cache(クイックキャッシュ)です。

なぜQuick Cacheを使うのか?

ページ表示速度を上げるプラグインはいろいろある中で
なぜQuick Cacheなのかといいますと、
使い方が簡単でちゃんと表示速度も
アップしてくれるからです。^^

ということで今回はQuick Cacheの設定や
使い方について説明していきます。

・・・・・・といっても簡単なんです。^^

まず、いつもどおりの手順で
Quick Cacheをインストールしてください。

WordPressの「プラグイン」の項目から
「新規追加」を選んで「Quick Cache」を検索して
インストール、有効化。

基本的にはこれだけでOKです。

Quick Cacheをインストールして有効化すると
WordPress管理画面の項目にQuick Cacheが加わると思います。

それをクリックするとQuick Cacheの設定画面となります。

上から順番に見ていきましょう。

Quick Cacheの設定項目

「Enable/Disable」

これはQuick Cacheを稼働させるか否かという選択ですが
もちろん「Enable」になっていなくては
インストールした意味がありません。


「Deactivation Safeguards」

これはQuick Cacheを無効化したり
削除したりしたときに、それまでの設定を
保存するかどうか、という選択です。

Quick Cacheを完全に削除してしまう前は
「Yes~~」の方を選択しなければなりません
そうでないなら「If I~~」の方を選択しておきます。


「Directory/Expiration Time」

Base Cache Directoryの方で、
キャッシュをどこに保存するかを指定できますが
ここは触らなくてOKです。

もう一つのAutomatic Expiration Timeの方は
キャッシュをどれくらいの期間保存するか設定できます。
ここも推奨通り「7 days」でいいでしょう。


「Client-Side Cache」

この項目は正直言ってよく理解できません。^^;

ただ、説明を読んでみると、
サイトにログインする人がいないのであれば「Yes」の方が良い
となっていますので「Yes」を選んでおきます。

ログインする人が多い会員サイトなどなら「No」ですね。


「GET Requests」

これはたとえばブログ内にも検索窓がありますが
そこで検索した結果をキャッシュするかどうか
ということですね。

デフォルトのまま「No」にしておきましょう。


「404 Request」

これは存在しないページを表示しようとしたときの
「見つかりません」の画面をキャッシュするかどうかですね。
当然「No」です。


「RSS,RDF,and Atom Feed」

これはRSSなどのページをキャッシュするかどうかですが
デフォルト通り「No」にしておきます。


Quick Cacheの設定項目は以上です。
多いように見えるかもしれませんが
ほとんどデフォルトのままで大丈夫です。

念のため上記項目をチェックしておく、という感じですね。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ