日本語ドメインのメリット・デメリット

速水です。

日本語ドメインも、前回紹介したオールドドメインと
同じように、アフィリエイターが好んで使うドメインです。

そのメリットはやはり「上位表示されやすいこと」ですね。

日本語ドメインが評価されやすいのは、
中古ドメインのようなちょっとグレーな理由からではありません。

日本語ドメインがSEO的に有利な理由

グーグル自らが、
「URLにはキーワードが入っていた方が良い」
と言っているんです。

以前こんなことを書きましたね。

検索エンジン最適化SEOクイックチェックシート~グーグル公式の発表

このチェックシートの中でグーグルは、
URLにキーワードを入れることで検索者にとって
検索結果がよりわかりやすいものになるので
これは望ましいことだと言っているわけです。

となると日本語のドメインというのは
日本人にとって最も意味が分かりやすいドメインですから
日本語による検索で優遇されるのは当たり前と言えます。

最終的にはサイトコンテンツが重要

もちろん、コンテンツがダメなら、
一時的に上位表示されたとしても
徐々に下がっていくでしょうから、
結局はサイトの内容なんですけどね。

キーワードの入ったドメインが
あまりにも上位表示されやすかったので
グーグルはEMDアップデートというのを2012年に行って、
「キーワードの入ったドメイン」の力だけで上位表示
されているようなサイトは圏外に飛ばしてしまいました。

ということは逆に、
サイト内容がしっかりしていれば
EMDアップデートに関係なく有利だといえそうです。

この影響が日本にも及んだといわれていて、
たとえば固有名詞一語の日本語ドメインは
上位表示されにくくなったと言われています。

これにしても依然として
上位表示されているサイトはありますので
やはりコンテンツが大事だということでしょう。

いずれにしろ、コンテンツが同レベルであれば
日本語ドメインが有利であることは
変わらないようです。

日本語ドメインのデメリット

以上のように書きますと
日本語ドメインにはメリットしかないように思えますが
デメリットもあります。

まず、あるキーワードで日本語ドメインをとって
サイトを作ると、そのサイトにはそのキーワードに
関係あることしか書けなくなります。

そのキーワードでアクセスが取れなかったから
別のキーワードにかえてサイトを作りなおそう・・・
なんてことはできませんよね。

http://アフィリエイト入門.com/

なんてドメインを取ったのに、
アフィリエイト入門でアクセスを集められなかったから、
「よし、お料理サイトにしよう」なんて無理ですよね。^^;

永久に同じ強さを保つとは考えにくい

それ以外のデメリットとしては、いつまたグーグルさんが

「ちょっと日本語ドメイン強すぎじゃない?
 調整しちゃおっかな」

と思うかわからないということです。
新たなアップデートによって思わぬ悪影響を被るかもしれません。

ただこの点に関しては
しっかりしたサイトコンテンツを作っておけば
まず大丈夫でしょうけど。


昔はブラウザが対応していないとか
レンタルサーバーが対応していないとう
デメリットもありましたが、今はさすがに大丈夫です。

あと、メールアドレスにはさすがに使いにくいですが、
これは大した問題ではありませんね。
別にドメインとれば済むことですし。


ということで日本語ドメインは正しく使うなら
まだまだ大きな利益をもたらしてくれるものと言えます。

速水でした。

最短距離で成果に到達し、将来も安定して報酬を得続けるために
こちらで私の持つ知識をまるごとお伝えしています。

速水鏡の「東大式」ネットビジネス講座
ネットビジネスで生き残るための「3つの必須スキル」プレゼント中

何でも気軽にお問い合わせください。^^

お問い合わせフォーム

関連記事:

速水鏡のインターネット副業講座【目次】

サブコンテンツ
管理人

管理人:ハヤミ(速水鏡)

趣味:オンラインゲーム、
読書、パソコン自作

特技は立ち読み。「タダ」で最後まで読み切った本は軽く百冊を超える。本屋さんの敵。(笑

そしてネコ好き

プロフィールはこちら

このページの先頭へ